読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

シーラカンス殺人事件 (祥伝社文庫)

シーラカンス殺人事件 (祥伝社文庫)

シーラカンス殺人事件 (祥伝社文庫)

作家
内田康夫
出版社
祥伝社
発売日
2017-06-14
ISBN
9784396343217
amazonで購入する

シーラカンス殺人事件 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

十六夜(いざよい)

浅見光彦ではなく岡部警部シリーズ。シーラカンスの調査隊が次々に殺され、同じシーラカンスの調査に出掛けたまま消息不明となった兄の殺人容疑を晴らすため奔走する万里子。岡部警部、クールだなぁ。期待しないで読んだ分意外と楽しめた。

2018/08/22

mim

岡部警部、久々登場!

2017/07/25

mercury

初期の頃の作品ですね、岡部警部初登場だそうだ。昭和っぽい感性が気になるところもあるが、かかれた時代を考えれば当然。それを上回る面白さがあった。

2017/10/16

サメ社会学者Ricky

携帯電話普及前のミステリーも古典的で面白い。ただ、登場するモデルとなった水族館であろう京急油壺マリンパークが、本書に描かれるよりも実際はずっと庶民的な場所であるところが個人的に笑えた。大好きな水族館だけどね。

2018/06/19

感想・レビューをもっと見る