読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

作家
今村翔吾
出版社
祥伝社
発売日
2017-07-12
ISBN
9784396343378
amazonで購入する Kindle版を購入する

夜哭烏 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

最高!面白い!感動!痛快!熱い!興奮!あぁ、これらの言葉の千倍万倍に値する語彙が欲しいのに私にはない(悔)『火喰鳥』ぼろ鳶組の第2弾!ごめん、解説初めの数行借ります。「読み終わってからもしばらく興奮が収まらない。魅力的な謎で引っ張られ、手に汗握る展開に翻弄され、時折差し込まれるユーモアに笑い、クライマックスで泣かされ、エピローグでこの上なく癒された」まさにその通り!最高に熱い漢達が更に進化増殖!第1弾を越えた、早くもシリーズ最高傑作か⁉️そして深雪に惚れた!男が漢達に惚れ、女にも惚れる超贅沢な1冊‼️🙇

2019/05/31

しんごろ

シリーズ第2弾!前作同様、火消しのシステムをうまく物語に散りばめられてます(わからなくなればググるw)。熱い漢達のドラマは、読み手も熱くさせるようで、あっという間に読み終わります。今回はライバルとは何か、友とは何かというのを、ぼろ鳶組、加賀鳶、万組を通して、学んだ気がします。 プラス源吾と美雪から夫婦とは何かも学んだ気がします(^^;)田沼の上司ぶり、信之助の成長ぶりもいいですね。個人的には北方謙三さんの『水滸伝』と同じぐらいの熱さを感じてる作品です。火事は怖い!みなさん、火の用心はしっかりしましょう。

2018/02/05

海猫

前巻が面白かったが、この続編もそれ以上に読み応えありの一冊。シリーズとしてのキャラクターの立て方、成長の描写、見せ場の作りよう、さらに次巻への引きがあるなど小憎らしいほど上手い。とても新人の二作目とは思えない。前半は敵側の卑劣なやり口で思うよう動けない火消たちと同様、鬱憤がたまる。それだけにド派手でエモーショナルなクライマックスには大いに溜飲が下がった。スピーディーな展開も現代的で小気味良い。作品自体がフレッシュで弾んでますな。早く既巻を読み、最新刊に追いつき、リアルタイムにシリーズと付き合いたい。

2018/02/19

mint☆

図書館の予約本がどんどん来てしまって読みたくても読めなかったぼろ鳶組第二弾。久しぶりで登場人物を忘れてるかと思ったが、こんなに個性的なキャラ達を忘れるわけがなかった。大名火消が何故か太鼓を鳴らさず半鐘が打てない。半鐘がなければ火消たちは消火活動ができない。何が起きているのか?黒幕は誰?絶体絶命、いったいどうなるのかと手に汗握る展開の中、時折はさまれる笑える場面、クライマックスでは目頭が熱くなり、深雪の聡明さと可愛いらしさにほっこりしたり。やっぱりぼろ鳶面白い!間が空くかもしれないけどもちろん次も読みます!

2020/01/18

修一郎

ぼろ鳶第二段!面白い!複雑な階層の江戸火消し組織の仕事ぶりもだいぶわかってきたけれども大名火消しがまず太鼓を打たないと他の火消し組織が動けないというヘンなルールには驚いたぞ。改革に燃える田沼意次を引きずり降ろそうとするラスボス徳川治斉についても知ることができたし江戸時代情報ぎゅうぎゅうだ。一巻目では南総里見八犬伝のイメージでいたところが,二巻目のラストはまさに赤壁の戦いクライマックスじゃん。疾走感といい粒ぞろいのキャラといい申し分なしのエンタテイメント!3巻目へ!!

2020/03/15

感想・レビューをもっと見る