読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)

作家
今村翔吾
出版社
祥伝社
発売日
2018-05-11
ISBN
9784396344238
amazonで購入する Kindle版を購入する

菩薩花 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

このところ月末最後の一冊は襤褸鳶『火喰鳥』シリーズを読むことにしている。今回は菩薩と評される二人がストーリーに食い込む。火消番付の上位を狙う者、評価期間が残り少なければ用いるは最悪の悪手。なめんな!と著者が笑う。『火消に出来ねえはねえ。やらねばならぬ。ただ一つよ』巻を重ねてもいささかも衰えぬ興奮!涙をこらえるために天を仰ぐ仕草、数多。読者の皆さん!我らが深雪さん、今回も抜群に『漢』でしたよ!漢以上の漢!火喰鳥を火喰鳥たらしめる菩薩の深雪さん。最高の仕事をしてくれました!来月末また貴女に逢いにいくよ‼️🙇

2019/10/31

しんごろ

シリーズ第5弾!今回は渾名のついた火消しがかなり登場します。番付けにこだわるのは欲なのかプライドなのか…。はたまたお家の事情なのか…。ただ豪傑なる火消し達よ、江戸の民を火事から守るために火消しがあることを、それだけは忘れないでほしい!またまた敵が現れて、一筋縄に行かなくなるし、新たな命が誕生してますます続きが気になる。こんなに続きが気になる作品は久しぶりです。

2018/06/17

海猫

シリーズ5作目。前作ではお休みだったレギュラーメンバーも大活躍で満足。今回はお話の仕掛けがかなり凝っていて、しかも中身が高密度。特に後半はなかなかに見せ場の連続で読まされること読まされること。ヤキモキ、イライラさせておいてから一気にカタルシスに持っていく展開が、毎度巧いねー。即、次巻へ。

2018/11/05

修一郎

第5弾菩薩花はミステリー仕立て!まさかミスリードなんてことを想定していなかったので,まんまと誘導されましたぜ。付録の火消番付が大変ありがたい。火消組があまたある中でぼろ鳶組の火消が6人も入っている!番付に載ると次の年までに5人に一人は殉職するという。平蔵様の死を引きずる源吾は生きて戻ることこそ火消の責務だと部下を命知らずの部下たちを戒めるのだ。家族も増えたし,深雪さんと山本様が一緒に活躍するシーンも増えていくのでしょう。今回も面白かった! 第6弾夢胡蝶へ。

2020/05/16

mint☆

シリーズ第5弾。舞台は京都から再び江戸へ。やっぱり事件は起きるのね。今回はミステリー要素強め。始めにしっかりミスリードされ、おや?と思いつつ中盤辺りから最後までハラハラドキドキ。う〜犯人はコイツか!シリーズ史上一番最低な奴だった。スッキリなラストとは言い難かったけど夫婦愛にほっこりしたり色々気持ちが忙しかった。今後も楽しみ。烏賊のぼりは知らなかった。楽しみながらも勉強になります。

2020/06/19

感想・レビューをもっと見る