読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)

陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)

陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫)

作家
伊坂幸太郎
出版社
祥伝社
発売日
2018-09-12
ISBN
9784396344511
amazonで購入する Kindle版を購入する

陽気なギャングは三つ数えろ (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

absinthe

9年ぶりの第三弾。言葉の魔術師による巧みな語り口で、個性あふれる人物たちの様子が生き危機と描写される。器用なジャグラーが魅せる巧みな手さばきのように。それにしても伊坂さんの作品は登場人物の姓や名まで面白い。火尻も役割そのままだ。最後の最後に一番悪い奴がぎゃふんと言わされるのがシリーズの持ち味だ。最後のオチはだいたい読めてしまうが面白みが損なわれることは無い。きっと再読しても楽しいだろう。

2020/08/11

ゆのん

期待を裏切らない面白さで大いに満足。ページが進み終わりに近づくにつれ、この4人ともそろそろお別れかと寂しさも感じながら読了。1作目からかなりの時間が流れ、時代も銀行強盗達には生存しにくい状況に。そろそろ銀行強盗も潮時かと思う場面もあり、伊坂のこのシリーズの終了宣言でなければ良いがと強く思う。とっても楽しい読書の時間だった。

2018/09/15

ハゲおやじ

台風の風雨がピークの時に読む。2作目から間が空いたので 忘れてるかなぁ?と思ったけど、読み始めると不思議と思い出せた。今回は久遠の特技(スケッチ)と慎一が大きくなっていて驚いた。相手は、読んでるだけでムカつくハイエナ記者の火尻で 成瀬ピンチ!と思ったけど、さすがは成瀬!見事に叩きのめしてくれた。亀を使うなんて 予想できなかった。でも今作は、前2作に比べると スカッと感が薄い様な気がした。2作目から本作が9年かかったそうなので、私自身が年を取ったからかもしれない。でも面白い事は確かなんだけどね。

2018/09/30

五右衛門

読了。待ちに待ってやっと読み始めて懐かしいメンバーに夢中になって週刊誌記者が悪巧みであればあるほど今の内だからもっと悪い奴ぶりを発揮しろ‼と願いながら読んで最後には色々な伏線を回収し悪者退治が案の定気持ち良かった。でも読み終わってしまいました。後、いつもですが伊坂作品は新品購入しました。またこのメンバーに逢いたいです。待ってま〰す。

2018/09/15

nobby

まずは、この安定感がたまらない!相変わらず絶妙バランスなギャング達の陽気な活躍を、堅苦しいこと無くずっと笑顔で楽しめる一冊。冒頭の強盗シーンから、「ああ!この感じ♪」と四人の個性に順次触れるともうニンマリ。いつのまにか巻き込まれた災難はなかなかの苦境、その悪役たる記者の下衆っぷりも半端ない!それにあくまで冷静に対峙しながら、ユルリと解消していくのが心地よい。結構うまくいってないんだけど(笑)言うまでもなく、作品全体にばらまかれた伏線を忘れた頃に拾っているのがスゴいね!そして最後にキャンディーマンとは最高!

2018/09/20

感想・レビューをもっと見る