読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

女敵討ち 取次屋栄三 (祥伝社文庫)

女敵討ち 取次屋栄三 (祥伝社文庫)

女敵討ち 取次屋栄三 (祥伝社文庫)

作家
岡本さとる
出版社
祥伝社
発売日
2018-10-12
ISBN
9784396344689
amazonで購入する

女敵討ち 取次屋栄三 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とし

取次屋栄三「女敵討ち」19巻。栄三郎さん久栄さんとの子供ができて護ものが増えて、穏やかになったのか取次屋の仕事も穏やかだったですね。

2018/12/08

chacha

シリーズ19。早いもので、栄三と久栄に市之助が生まれた。男というものは幸せな生活に見えるのに、生ぬるく感じるものなのでしょうか。取次の仕事もいろいろ面白いけど女の身には命に関わる危ないことはしてほしくないもの。「老健」の老人4人の幼友達の話はなかなか面白かった。毎年暮れに1両だしあって貯める。生き残った者が、貯まったお金をそっくり貰える。4人のうちの2人が次々と亡くなって、、。借りを作ったまま死にたくないという気持ちわかりますね。上手く取次げて良かった。質屋の婿養子。人は見た目では分からないてことですね。

2019/01/06

デジ姫

仲間内がそれぞれに良い伴侶を見つけ幸せに暮らしていくという最終話に向けての準備のようでした。次回作あたりが最後になるのでは・・

2018/12/29

ニッキー

やはり、終わりではなかった。 しかし、本文にもあるように、所帯を持ってから話に活気が無く面白味に欠ける。

2018/10/16

goodchoice

冒頭に子供が生まれ、ファミリームードが続いてどうなることかと思ったが、その後はいつものお節介栄三の戻りほっとした。

2018/12/29

感想・レビューをもっと見る