読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私は存在が空気 (祥伝社文庫)

私は存在が空気 (祥伝社文庫)

私は存在が空気 (祥伝社文庫)

作家
中田永一
出版社
祥伝社
発売日
2018-12-12
ISBN
9784396344771
amazonで購入する

私は存在が空気 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

相田うえお

★★★☆☆20003 6本のびっくり系モチーフ話。どれも発想が面白い!①瞬間移動。のび太くんが(ドラえもんの)しずかちゃんちのお風呂に移動するシーンのイメージですが、本作品はそんな夢ある話〜②透明人間。物理的に透明化すると考えがちですが、周囲の人から何故か気づかれない?という透明人間は本当にいるかも。③ちょっとジーンときた!④スモールライト。ドラえもんか!⑤ 念力放火能力。宮部みゆき先生もびっくり!意外とシリアス。⑥念動力。といってもワンピースのルフィの伸び〜る腕が透明になった感じ。面白かったですよ。

2020/01/05

ゼロ

小さな超能力者たちの、切なくて、愛おしい恋。6つの短編が収録されていますが、どれも思春期の恋愛と超能力を題材にした、爽やかな物語となっています。「少年ジャンバー」「私は存在が空気」「恋する交差点」「スモールライト・アドベンチャー」「ファイアスターター湯川さん」「サイキック人生」。どれも読みやすく、心の機微を描いています。好きなのは、「少年ジャンバー」かな。引きこもりがあることをキッカケに、少女と出会い、尽力を尽くす。結ばれはしなかったけど、1つの思い出を作り上げる。青春してるなって感じが良かったです。

2019/12/19

タカユキ

表題作を含む6編からなる短編集。どれもが「恋愛小説」だけど主人公たちは、みんな少し不思議な能力を持った人たちなので、一風変わった恋愛小説になっている。存在感を消してしまった少女、瞬間移動の力を手に入れた引きこもりの少年、危険な発火能力を持つ木造アパートの住人…超能力を手に入れた者たちは一見すると無敵のようだが恋だけはままならない。ヒーローやヒロインのように世界を救う事は考えてなく、身近なことも上手くいかない。ちょっぴり笑えて切ない余韻が残る物語でした。

2019/02/05

おかむー

中田永一お得意の「教室の端っこで控え目にしているボクたち」、そこに不思議な能力をひとつ加えた物語を描く短編集。『よくできました』。不思議な能力を持っているからといって、主人公たちが調子に乗らずに控え目な自分を弁えているところが実に中田作品らしい。六篇のうち表題作よりも『少年ジャンパー』の切なさと主人公の成長が好感触。わずか6pのp掌編ながら『恋する交差点』はセンスのいい映像作家さんによるショートフィルムが見てみたい。『ファイアスターター湯川さん』をしっかり肉付けすれば長編でもいけそうですな。

2019/01/20

dr2006

ドラえもんや星新一好きには堪らないネタ満載の恋愛短編集、読み易かった。瞬間移動、念力、遠隔熱放射等の超能力を持つ主人公が登場し、物質の縮小拡大、透明人間、量子トンネル等のSF要素も満載だ。一方で押し付けのない程度の教訓が得られるところが中田永一らしい。周りから存在が薄いと言われている主人公が実は本当に透明になれるという表題作(私は存在が…)も良かったが、目線を合わせた物質を発火させる程の熱を送ることができる(ファイアースターター湯川さん)が一番良かった。めぞん一刻みたいな設定がツボで続編が読みたいくらい⒲

2021/11/01

感想・レビューをもっと見る