読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター (祥伝社文庫)

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター (祥伝社文庫)

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター (祥伝社文庫)

作家
結城充考
出版社
祥伝社
発売日
2019-04-12
ISBN
9784396345112
amazonで購入する Kindle版を購入する

捜査一課殺人班イルマ ファイアスターター (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

future4227

イルマシリーズ2作目。東京湾上のメタンガス掘削施設。初めは1人の作業員の転落事故に過ぎなかったものが、女刑事イルマが単身乗り込んできたことによって、事件解決どころか、あれよあれよという間にテロ犯罪にまで発展。その存在はまさにファイアスターター(着火剤)のよう。台風直撃の中、通信も応援も途絶した孤立無援状態でたった1人で犯人と対峙するイルマ。生意気な小娘のくせに満身創痍で戦い続ける、まさにダイ・ハードの世界観。そして今回も難読漢字あり。「捩る(の旧字体、もはやデジタル上では表示できない)」

2019/10/19

Junichi Yamaguchi

『渇望』… 一作目の殺し屋は登場しなかった。 胸を張り続けるヒロインを願って、次巻を待とう。。

2019/05/20

kei@名古屋

一作目が殺し屋なら二冊目は爆弾魔。クローズドサークルでハラハラドキドキというよりは割と激しくドッカンとしておるな。終わり方のあっさり感が何とも言えぬ読了感を生みます。四ヵ月連続刊行の二冊目。犯人はこの中にいる!!そりゃそうだ

2019/06/19

何となく読了(^^;面白くないわけではないものの…。1作目よりはイルマさんがヒトらしくなって、宇野さんの縁談を気にしてるのに、ニマっと。縁談の結末が気になるので次作も読もうかなぁ。

2020/11/07

YH

前作ではイルマの粗野さと独善的な部分が目立ったが、今作の夏を守ろうとする様子にイルマをちょっと好きになった。

2020/10/15

感想・レビューをもっと見る