読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

殺意の雨宿り (祥伝社文庫)

殺意の雨宿り (祥伝社文庫)

殺意の雨宿り (祥伝社文庫)

作家
笹沢左保
出版社
祥伝社
発売日
2019-10-11
ISBN
9784396345693
amazonで購入する

殺意の雨宿り (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミッフー

病院売店購入二冊目✌️作者は昔大ヒットした「木枯し紋次郎」作者の笹沢佐保氏。同作品、旅先での突如の豪雨による雨宿りで知り合った女4人。雨上がり後に行動共にした際たまたま見つけた遺棄された死体。それぞれ立場等から通報することなく見なかった事にと結束。更に結束力高める為、女4人によるそれぞれ殺めたい人物の交換殺人まで計画💦ここまでは凄く興味をそそり映画化も⁉️と思ったのではあるが、ここからが雑❗️「そんな偶然絶対にありえへんわ」と、本を相手に突っ込んでいる自分がいました😅残念な一冊とはこの本のことかな😜

2019/12/23

coco夏ko10角

旅先の岩手県、雨宿りでたまたま知り合いになった女性四人、色々あった後一人が交換殺人を提案し…。それぞれどうなっていくかとワクワクしながら読み進める、最後の方は「もうあとこれしかページ数ないけど(汗」で明らかになる真相。まあ出来すぎ…かもだけど、交換殺人ものがたくさんある中でこういうのがあってもいいかも。

2019/12/21

けんけんだ

面白かった。最後こう来るかと。この作家は、一期一会というかたまたま出会った人たちをテーマにすることが多いのだろうか。

2019/11/03

yuui

うーん🤔面白かったんやけど、出来過ぎとるよな🙄

2019/11/29

MINA

ほんっと続々復刊される著者の本買ってしまう。これは何だろ…面白いは面白かったんだけど帯で煽られ過ぎて、もっと終盤4人の女がぐっちゃぐちゃにいがみ合い交換殺人という京子な絆で仲間になった筈の彼女たちの中で、また殺人が起こってしまう…的な展開を期待してしまったので一人勝手に拍子抜けしてしまったトコがあってですね…。帯の文句が煽り過ぎなんだって!

2019/11/23

感想・レビューをもっと見る