読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫)

マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫)

マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫)

作家
小路幸也
出版社
祥伝社
発売日
2020-06-12
ISBN
9784396346393
amazonで購入する

マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

首都圏近郊の静かな街の片隅にあるお寺の境内を間借りした小さな交番。寺の副住職と幼馴染みの警官を主人公に周囲の人物が紡ぐハートフルな物語。登場人物らは各々超能力レベルの特技を持っていて、その能力が物語のキーになっていくが、ヒロインのスリのスキルはどうかな?まあ善男善女ばかりで能力を悪用する人はいないけどね。そのなかでは、さくら婆さまのキャラは秀逸で彼女の登場後は物語が盛り上がるように思う。美少女に言い寄られた主人公は理性を保てるのかな?唯一の不満があるとすれば、カバーイラストですが、次巻も読んでみます。

2020/07/27

さくさくと♪悪いヒトが出てこない安心して読める作品でした。ある種の特異な能力のある方々が困ってる方を幸せにしてくれるのですが、キャラが皆さんのキャラがイイです。あたしは、さくらさんイチオシです。

2020/07/31

信兵衛

シリーズを彩る様々に個性あふれる登場人物たちが勢揃いし、これからのシリーズ展開を大いに楽しみにさせる、そんな巻になっています。

2020/08/21

ホシナーたかはし

おせっかいが余計なお世話になる昨今、町の在り方について指針をしめしているような、大事になる前に小事におさえる物語。考えてみれば、私が小学生の頃、周りの大人たちに良い事も悪い事も教わりましたが、近所付き合いが無い今の世の中は、どうなのでしょう。あんなと行成の今後の方が気になります。

2020/06/18

yuu*

【063】会話が多くサクサク読めた。同級生の警官と副住職が、ちょっとだけ不思議な事件を追う。特殊な能力を持つ人が沢山出てくるけど、胡散臭い話ではなく爽やかな印象。

2020/08/06

感想・レビューをもっと見る