読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫)

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫)

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫)

作家
小路幸也
出版社
祥伝社
発売日
2020-07-15
ISBN
9784396346485
amazonで購入する

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

シリーズ第2巻。あおいも卒業式を迎え漫画家として一歩を踏み出すが、彼女の関心は在学中はおおっぴらにできなかった宇田巡査との交際解禁。交番に向かう途上で不審な私服警察官に気付く…。本巻も語り手が章ごとに変わる構成で、かつ会話文が主体なので読みやすい。宇田が刑事から交番勤務に転じた事情がテーマで、なにやら警察を揺るがす大きな不祥事の匂い。監察を退ける丁々発止は迫力ある。それにしても浜本爺さんほか登場人物が只者でない奴らばかり。ただ、あおいの登場が少なく、宇田とのお付き合いの様子も読みたかったかな。満足の一冊。

2020/08/26

yuu*

【070】今回は宇田巡査の過去にまつわる話がメイン。あおいちゃんはあまり登場しなかった。読みやすいのですぐ読めてしまうけど、あまり大きな事件も起こらず、淡々と進む感じ。前作の方が面白かった気もする。

2020/08/28

sugar&salt

シリーズ2作目。卒業式の帰りに宇田巡巡査を観察している怪しい人物をあおいちゃんが見つけるところから始まり、坂見町での不思議な物体の目撃情報、宇田巡巡査の過去の話。全く関係ないことのように思えるのに、最後には全てが繋がり丸く収まっていくから不思議。

2021/04/05

ホシナーたかはし

「三匹のおっさん」のオマージュのよう、時事ネタを織り込んでます。宇田巡査を含む、ご近所総出で謎解き?をしていくのはいいのだけど、あんなちゃんの活躍が少ないのが不満。

2020/07/22

蕭白

仲間がどんどん増えていきますね。

2020/08/29

感想・レビューをもっと見る