読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

カナリヤは眠れない (祥伝社文庫)

カナリヤは眠れない (祥伝社文庫)

カナリヤは眠れない (祥伝社文庫)

作家
近藤史恵
出版社
祥伝社
発売日
2020-09-11
ISBN
9784396346621
amazonで購入する

カナリヤは眠れない (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

無愛想で変人だが腕は確かな整体士・合田力。体の歪みだけでなく心の病も治して行く。買い物依存に陥った茜を狙う恐ろしい企みを雑誌記者・小松崎雄大と共に追い詰めるストーリーは面白くて一気読み。

2021/05/02

のぶ

「茨姫はたたかう」が整体師・合田力シリーズの第2作と知らずに読んだため、改めて本書を入手し読んだ。そんな訳だが、順番が前後しても関係なく面白かった。合田力は第1作でも偏屈な変わり者だった。この本にはいろいろ問題のある人物が登場する。買い物依存症の墨田茜はその典型だが、問題はあっても人間は憎めない。そんな彼女を救出するために、力を貸すことになる。印象は古内一絵さんの「マカン・マラン」シリーズで悩みを抱えながらシャールさんの所を訪れる客のように(出版は近藤さんが先だが)癒される姿で読後感は満足。

2021/01/26

hirune

こんな腕のいい整体師さん現実にいるなら、首にヘルニア持ちの私としてはぜひにお近づきになりたい!しかし力先生 身体を触るだけで犯罪まで嗅ぎつけちゃうのはほぼ超能力なんでは?😅買い物依存症の茜が最初から危なっかしくてハラハラしましたが、最後自分で成長して歩み始めてくれて良かった、気分が明るくなって読了しました☆

2020/10/14

ぽろん

整体師シリーズ、新装版。茨姫を先に読んでいたので、お馴染みの面々の出会いが分かって楽しかった。診るだけで、その人の内面の問題まで気付く合田先生に、私も身体の歪み治して貰いたいなあ。合田先生自身も過去に何かあったようだけど、痛みを知る人間だからこその治療という事か。今回も予想外の展開でちょっと人間不信になりそう。面白かったです。

2020/11/15

パフちゃん@かのん変更

整体師合田力シリーズ。面白い。小松崎のキャラもいい。このシリーズもっと読んでみたい。

2021/04/21

感想・レビューをもっと見る