読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

茨姫はたたかう (祥伝社文庫)

茨姫はたたかう (祥伝社文庫)

茨姫はたたかう (祥伝社文庫)

作家
近藤史恵
出版社
祥伝社
発売日
2020-09-11
ISBN
9784396346638
amazonで購入する

茨姫はたたかう (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

整体ミステリーなどという言葉を初めて聞いた。初版は平成12年とあり、本作はシリーズの二作目らしい。近藤史恵さんが過去にこんな本を出していたのを初めて知った。シリーズの途中から読んでしまったのだが、とても面白かった。ストーカー被害に悩む、主人公の書店員、久住梨花子。ある日、腰に激痛が走り、整体師、合田力のもとを訪ねる事となる。その出会いがきっかけで、梨花子は自分と改めて向き合う事となる。他の登場人物も絡み、ハートフルな作品に仕上がっていた。気に入ったので第一作の「カナリアは眠れない」を入手したい。

2020/10/29

テディ

整体師の合田力は、問題解決を図る探偵で本作はシリーズ2冊目であった。弟の彼女が子供を産むことになり手狭になる実家を放り出された書店員の梨花子が一人暮らしを始める事になる。アパートにOL女性、ホステスが居て夕食を融通し合う仲になるが郵便受けが荒らされるストーカー被害に遭い怯えて過ごす。書店には自分に好意を持つ同僚やセクハラ上司がいるがあくまでも伏線。合田や周囲の協力で待ち伏せを行い犯人を捕まえる。合田から臆病の罠にかかっているという指摘を受けた事が肝となっているが接骨院の歩に恋する雄大の話等蛇足も多い。

2021/03/30

hirune

生きていくのに世界は完全に守ってくれるわけではない。特に若い女性は生きづらいことも多いだろう。大人しく真面目に暮らしていても色々なことが降りかかってくる。だから自分の身体や心は極力自分で護る姿勢を見せて、尚且つ心を開いて周りに対すれば誰かが力を貸してくれる。大事なことですね😃

2021/02/25

ぽろん

シリーズ2作目とは知らずに読んだけど、サクッと読了。自分を守るのは自分。合田先生、いいなあ。それにしても、初めての一人暮らしで、こんな目にあうのは、さぞや怖かっただろうに。面白かったので、一作目も読もう。

2020/10/18

パフちゃん@かのん変更

整体師合田力シリーズ。このシリーズ好きだ。事件はストーカー関係で殺人もないが、人の苦悩や成長などとてもいい話だ。整体師の力先生の話もいい。こんなところがあったら是非行きたいところだ。

2021/04/22

感想・レビューをもっと見る