読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランチ酒 (祥伝社文庫)

ランチ酒 (祥伝社文庫)

ランチ酒 (祥伝社文庫)

作家
原田ひ香
出版社
祥伝社
発売日
2020-10-15
ISBN
9784396346744
amazonで購入する

ランチ酒 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

射手座の天使あきちゃん

『見守り屋』という不寝番のお仕事の疲れや憂さも、やるせない人生のしがらみも、ひと時忘れて美味い飯と旨い酒に舌鼓。 これを人生至福のときと呼ばずして何と言う…的なお話を綴った短編集です(笑) それにしてもビールに焼酎、地酒にワイン、ハイボールに老酒とよく飲みますねぇ♪ 「おんな酒場放浪記」の倉本康子さんも完敗(乾杯?)ですね❕ (^_^)v

2021/09/26

rico

わ、これ、お昼前に読むんじゃなかった。午後のお仕事忘れて、ランチの席で「ビール!」って叫んでしまいたくなる。出てくるお店、実在するの?どれもこれも行きたくなるんすけど。・・・って、本題はそこじゃなくて(汗)・・・生きていれば色々ある。主人公の祥子はアラサー・バツイチ。職業は「見守り屋」。自身のこと、依頼主の事情。様々な屈託が滓のように積み重なっていく。それでも、美味しいごはんと美味しいお酒を味わう至福のひとときは、固く縮こまった心をゆるやかにほどいていく。さて、とりあえず動いてみよう。ごちそうさまでした!

2021/11/25

サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥

ご当地グルメ小説と言ったら良いのかな。「見守り屋」を生業とする主人公が仕事帰りにランチで一杯。小説にはお店の名前は出てこない。すぐ思い浮かぶお店もあるけど、調べてみるとこんな感じでした。第一酒・武蔵小山「がぶ」、第ニ酒・中目黒「ザ・バーガー・バウズ」、第三酒・丸の内「根室はな丸」、第四酒・中野「陸蒸気」、第五酒・阿倍野「スタンドふじ」と「たちじゅう園」、第六酒・御茶ノ水「牛タンねぎし」、第八酒・十条「肉骨茶」…と続きます。中野の陸蒸気は行ってみたい、代官山のフレンチも美味しそうだ。★★★

2021/02/15

のり

「犬森祥子」は離婚を期に娘とも離れ離れになったアラサー。そんな折に高校の同級生でもある「亀山」の仕事を手伝う事になる。色々な事情を抱えた人達を夜から朝まで付き添う見守り屋である。精神的にタフでなければ辛いと思う。だからこそのランチと酒で心と身体を満たすのは必要不可欠である。登場するランチメニューも酒も祥子ではないがワクワクするし、喉が鳴る。これは間違いなく活力になる。娘へのお弁当、気持ちが届くと良いな。

2021/06/08

ponpon

犬森祥子、バツイチ。22時から5時までの見守り屋を営む。そんな彼女の楽しみはランチ時に食事と共に嗜む一杯の酒。クライアントの、そして彼女自身の苦悶を流してくれる酒にまつわる16の短編集。こんなサービスに金銭を投じるぐらいだから依頼者は相応の事情をかかえているが、祥子自身も半ば強引に引き離された娘と会えぬ故の穴を抱える存在。そんな辛さも食事と酒を美味しいと思えるうちは乗り越えて生きていける。そんな思いを感じさせてくれる。文庫化を待っていて、刊行と同時に入手したが、期待以上の一冊でした。

2020/10/18

感想・レビューをもっと見る