読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いつか夜は明けても S&S探偵事務所 (祥伝社文庫)

いつか夜は明けても S&S探偵事務所 (祥伝社文庫)

いつか夜は明けても S&S探偵事務所 (祥伝社文庫)

作家
福田和代
出版社
祥伝社
発売日
2020-10-15
ISBN
9784396346751
amazonで購入する

いつか夜は明けても S&S探偵事務所 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

カメ吉

シリーズ3作目。今回は事件のスケールがデカい。人類滅亡の危機になるくらいのサイバーテロ事件にしのぶ&スモモが仲間達と共に挑みます。世界の人口を7分の1にすると謳う謎のハッカー?いやクラッカー集団の正体やコロナ関連の特効薬開発まで絡んでかなりの大作だった様に思いました。サイバー・ミステリーでありクライシス・ミステリーでもあり読み応えは十分過ぎました。登場人物たちも魅力的な人たちで細やかなやり取りも笑わせてくれ楽しかったです。真相に辿り着くまで二転三転していく展開もスリリングで良かったです。続編を熱望します。

2020/10/22

コロナウイルスが蔓延する中、世界をひっくり返そうとするテロが発生。スケールのデカい話の中でも身近な人達との微妙な距離感に悩んだり、微笑ましいやり取りだったり、サクサクと読み進められた。お気に入りのシリーズ

2020/11/16

ソラ

キャラが魅力的で局地的には面白かったのだけれど大風呂敷を広げた割には全体としてはこじんまりした感じというか…

2020/11/01

きょん

コロナ禍の東京が舞台なので、臨場感を持って読み進められた。行き過ぎた自然保護主義者の唱える地球を持続させるための人類淘汰計画が自分勝手過ぎてやるせなくなる。しのぶとスモモの絆や諦めない強さが格好良かった。

2020/11/13

みいやん

シリーズ3作目でコロナネタ。相変わらず筏や透などの脇役キャラが楽しい。

2020/11/06

感想・レビューをもっと見る