読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

Shelter (祥伝社文庫)

Shelter (祥伝社文庫)

Shelter (祥伝社文庫)

作家
近藤史恵
出版社
祥伝社
発売日
2020-10-15
ISBN
9784396346775
amazonで購入する

Shelter (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

読む順番を間違えていたシリーズも3作目を読んで、とりあえず落ち着いた。本作では合田力の出番は少なかったが、別の展開で心を打つ内容だった。合田接骨院の受付で働いていた恵が、突然行方不明になってしまった。恵と歩はそれぞれに悩みを抱えていた。過去から逃げるように東京に出た恵はいずみという少女に出合う。何か怯えているいずみに面倒を見ざるを得なくなる。本作は合田が体を治療するのではなく、心の傷を癒す物語になっていた。他人の無責任な言動がどれほど人を傷つけるのか。抑えるテーマはしっかり押さえた仕上がりになっていた。

2021/02/13

美登利

合田シリーズ3作目。これは探偵物でもあったんだ。接骨院で働く姉の恵が旅行に行くと姿を消した。彼女が東京で知り合った女の子は何者なのか?妹に雰囲気が似ていて、突き放せない恵。前作で知った恵の辛い過去を引きずったまま読むと本当に苦しくてたまらない。このトラウマはもうどんなことをしても癒されたり切り離せるものではないと思う。いくら相手が死んだとしても。妹の恋人雑誌記者の小松崎と恵の章で話は進む。女の子が抱える問題は今なら多くの若者が経験してるような。このSNSの社会では一般人もすぐ批判の対象となりうるから。

2021/02/24

hirune

恵と歩姉妹の過去が不憫すぎて辛い(;o;)本当に父親は罪深いよ。2人分の業を背負って地獄に落ちるべきだ。。恵が自分の今の幸せを許せず失踪して、そこで傷つき逃げ出した少女を拾って面倒を見ることになる。自分の中に籠って自分を傷つけても前には進めない。他人の苦しみを救う努力をすれば自分を救うこともできるのかも知れないですね。恵もずいぶん整体ができるようだから、思い切って力先生に嫁に貰ってもらって、夫婦整体師になればいいのにな☆

2021/03/07

ぽろん

シリーズ3巻。合田先生の弱点見たり!合田先生にも弱いところあったんだなぁ。梨央は、結局どうするのかな。シェルターではなく、自分の居場所見つかるといいね。その点、恵達姉妹は、安心な居場所があるので、心の痛手はじっくり癒せば良い。新作出して欲しいなあ。

2020/12/06

ひさか

2003年9月祥伝社刊。2006年9月祥伝社文庫化。2020年10月祥伝社文庫新装版化。シリーズ3作目。整体師合田先生の過去の話も出てくるし、事件の舞台が、東京と大阪に渡り、よりスリリングに。といっても、派手なだけで、ストーリーは前作よりも単純でした。小松崎ののほほんぶりが面白い。新装版化もこれでネタ切れですが、新作に続くとうれしいです。

2020/11/16

感想・レビューをもっと見る