読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

海は見えるか<震災三部作 第2弾> (祥伝社文庫)

海は見えるか<震災三部作 第2弾> (祥伝社文庫)

海は見えるか<震災三部作 第2弾> (祥伝社文庫)

作家
真山仁
出版社
祥伝社
発売日
2021-01-08
ISBN
9784396346997
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

海は見えるか<震災三部作 第2弾> (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

masayuki

今年も3月11日が巡ってきた。この日が近づくと何とも言えない感覚になって落ち着かない。そんな中で手に取ったのがこの本。「応援教師」となって神戸から遠間第一小学校へ赴任した小野寺徹平の奮闘ぶりを描く。優しかった自衛隊員の死。被災地からの転校。海が見えなくなる防潮堤の工事。いろいろな問題に、子どもと被災地の人たちに寄り添いながら格闘する小野寺の姿は読み手の心を揺さぶる。被災した人たちに心を寄せながら多くの人に読んでほしい。子どもたちの健気さが、被災者でない私たちにも力を与えてくれるだろうから。

2021/03/11

ショコラ♡

「そして、星の輝く夜がくる」に続く第二弾。東北の小学校にやってきた小野寺先生の二年目。子どもたちの心の中に希望の光はまだ灯らない。復興もなかなか進まず、行政と地元民との間には溝が。あんちゃんが言う普通の生活が一番の望み。でもそれをかなえるには行政の力も必要で、だけどやり方が違うと思う。擦り合わせがうまくいかないまま時間だけが過ぎてしまうのだろうか。本当の復興って何だろう。

2021/04/08

ほった

だが、防波堤に視界を遮られていては海の状況が分からない。海が見えなければ、津波が防波堤を飲み込む直前まで異変に気づかないかもしれない。だから、僕らの視界から海を奪って欲しくないんです。僕は常に海を見ていたい。

2021/04/15

感想・レビューをもっと見る