読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

灰色の柩 放浪探偵・呪師霊太郎 (祥伝社文庫)

灰色の柩 放浪探偵・呪師霊太郎 (祥伝社文庫)

灰色の柩 放浪探偵・呪師霊太郎 (祥伝社文庫)

作家
山田正紀
出版社
祥伝社
発売日
2021-07-14
ISBN
9784396347413
amazonで購入する

ジャンル

灰色の柩 放浪探偵・呪師霊太郎 (祥伝社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mao

名探偵呪師霊太郎の名前に惹かれて購入!北原白秋の童謡「金魚」そのままに連続殺人が…。ほんと、ミステリーにぴったりですよね「金魚」!

2021/07/27

風鈴

所々に挿入される金魚がぞくっとします。横溝正史よりは、江戸川乱歩の妖しさの方がしっくり来ました。どちらも面白いですけどね。時代の切り取り方の違いかな。

2021/08/04

ettyan

呪師霊太郎シリーズ。 大正から昭和の狂った時代に、霊太郎の冷徹な眼差しが謎を謎を解いていく。 北原白秋の童謡に擬えたかのように、殺人がすすむんだけど、何より挿入される白秋の童謡と詩が怖い、とても怖くていい。 もちろん、横溝正史のあの作品のオマージュぽいとこも。

2021/07/16

感想・レビューをもっと見る