読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

17×63 鷹代航は覚えている

17×63 鷹代航は覚えている

17×63 鷹代航は覚えている

作家
水生大海
出版社
祥伝社
発売日
2018-06-12
ISBN
9784396635459
amazonで購入する Kindle版を購入する

17×63 鷹代航は覚えている / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

よくある入れ替わりものだが、男女ではなく17歳男子高校生と63歳の祖父が事件がきっかけで入れ替わる、高校へ通う中身は63歳の祖父が周りに首を突っ込み普段から目立たぬよう地味に過ごしていた孫と二人で謎解きをしていくのが面白く祖父の本音はあまり人と関わらない、無口で単語しか話さない孫に青春を謳歌して欲しいと環境を変えていく事。

2018/07/25

ami*15

17歳の男子高校生と63歳の祖父の関係に発生した入れ替わり。まあまあなベタ設定でしたが、この入れ替わりは家では知らなかったお互いの姿や本当の気持ちを知るきっかけになり、孫と祖父の絆がより深まったように感じられました。ジェネレーションギャップに振り回されながらも元の姿に戻るため、事件を解決するために航と章吾が奮闘する様子がコミカルに描かれていて、なんだかパワフルな気分になれる作品でした。最後は全てが無事に解決しハッピーエンド?…と思いきや、曖昧に感じとれたラスト1文がなかなかに憎かったです(笑)。

2019/03/23

よっち

反目しあっているごく平凡な高校生・鷹代航と、運悪く会社をリストラされた祖父の章吾。ある夜、自転車置き場で倒れている章吾を偶然航が発見し、大きな衝撃を受けた航と章吾の身体が入れ替わってしまう物語。俗に言う入れ替わりモノで、おせっかいな気質で航の身体でぐいぐい行く章吾の言動がついつい気になってしまう、祖父の身体でままならない航。世代のギャップに戸惑いつつ学校絡みの謎解きや犯人探しに挑んでいく展開で、ままならないドタバタぶりや痛い本音に直面したり、そんな経験を経た二人のその後がとてもいい感じに思えた物語でした。

2018/07/11

coco夏ko10角

そうだよね、「入れ替わってるぅ~!?」の相手は必ずしも同年代の異性とは限らない。この作品では17歳男子高校生と63歳のその祖父が。最初と最後のメインの事件はともかく、途中の謎とかがあまり…。あと案外性格が似てるのか一緒にいる場面ではどっちがどっちかちょっと分かりにくかった。

2019/08/21

rosetta

★★★★☆17歳の航と63歳の章吾。駅前の自転車置き場で祖父が刺されて血を流しているのを見つけた航はその直後自分も頭を打って気を失う。病院で目覚めた時2人の身体と心は入れ替わっていた。事件の犯人を探しながら日々起きる小さな謎を解いていく。覇気のない航とお調子者の章吾。それでも謎解きには航が意外な閃きを見せる。なんというか小気味のいい小説。自分が航よりも章吾の歳に近いことに苦笑いしながら読む。どちらの年代からも共感を得られそうな上手い設定だ。2人の年齢が17歳と63歳であることに隠された意味はあるのか?

2018/08/18

感想・レビューをもっと見る