読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

僕は金(きん)になる

僕は金(きん)になる

僕は金(きん)になる

作家
桂望実
出版社
祥伝社
発売日
2018-09-11
ISBN
9784396635527
amazonで購入する Kindle版を購入する

僕は金(きん)になる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のんき

父ちゃんがよかったあ。競馬競艇、パチンコなど、ギャンブル好き。働かないで、姉ちゃんの得意で強い将棋で、勝敗を賭けて生活しています。まぁ、どうしようもない父ちゃん!普通の息子にとっては、離婚して離れて暮らす父ちゃんも家族。誰でも、完璧な人はいないからミスをします。でも助け合っていくしかないんですよね。わたしだって、ドジって迷惑を掛けることもあるし、逆に迷惑を掛けられることもあります。まぁ、それが家族とか会社とか社会なんだなぁ。ときには、肩の力を抜いていきたいとも思いましたあ

2018/11/09

ゆみねこ

真面目で普通の守の目線で描かれる、おかしな家族の物語。将棋の才能は秀でているけれど他のことは一切出来ない姉・りか子と、姉の賭け将棋の稼ぎでギャンブルする父。確かに家族小説。

2018/10/21

のぶ

とても温かく庶民的な家族小説だった。主人公は僕の守とお姉ちゃんのりか子。お姉ちゃんは将棋が強い。僕が小学六年生の時、両親は離婚してギャンブル好きの父ちゃんは姉ちゃんに賭け将棋をやらせて暮らしている。そんな父ちゃんもそんな悪い人には描かれていない。姉ちゃんはプロを目指すが、実力と年齢の問題で断念せざるを得なかった。この話、1979年に始まって2017年まで40年近くの長い物語。しかし時代の流れをあまり感じさせない。根底に流れているのは将棋。ともかくもおかしな家族の物語。

2018/11/02

紫 綺

型破りの親爺と風変わりな将棋の強い長女、しっかり者のお袋とフツウの僕。離婚して双手に別れた家族のものがたり。派手じゃないけど、じわ~っと染み入るいい話だった。うん、いい家族だ♪

2018/12/13

はる

少し風変わりだけど温かい。ペーソス溢れる家族の物語。将棋は天才的だがそれ以外は何も出来ない姉と、ギャンブル好きでいいかげんな父親に振り回される主人公。実際自分の家族だと大変だろうけど、傍から見る分には面白い。お互いに愛情が感じられるので読んでいて嫌悪感も湧かないし。でも本当に幸福なのはどちらなのか。正しい生き方って。ユーモアを交えつつ、なかなか深いテーマを描いています。ラストはしみじみ。これも素敵なひとつの家族の形なのだ。

2018/10/17

感想・レビューをもっと見る