読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン

作家
小路幸也
出版社
祥伝社
発売日
2018-10-11
ISBN
9784396635558
amazonで購入する

春は始まりのうた マイ・ディア・ポリスマン / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

小路 幸也は、「東京バンドワゴン」シリーズ中心に読んでいる作家です。マイ・ディア・ポリスマンシリーズは、初読です。本作はこれで悪くないですが、一作目から読んだ方が良い気がしました。またどうしても「東京バンドワゴン」シリーズと比較してしまいます。将来素敵な夫婦になりそうな二人(宇田巡とあおいちゃん)の物語を11月22日に読めたことは好かったと思います。

2018/11/22

takaC

今回の語り手は7人。前作の9人から、杏菜ちゃん・西山さん・あおいちゃんママ分が減って浜本さん分が増えた。 1.宇田巡_巡査、2.楢島あおい_マンガ家、3.天野さくら_金貸し、4.市川泰造_ミュージシャン、5.浜本晋一郎_無職、6.大村行成_副住職、7.市川公太_音楽事務所社長、8.宇田巡、9.天野さくら、10.浜本晋一郎、11.楢島あおい、12.市川泰造、13.宇田巡、14.浜本晋一郎、15.大村行成、16.市川公太、17.宇田巡、18.天野さくら、19.楢島あおい、20.宇田巡、21.楢島あおい

2019/03/13

みかん🍊

シリーズ2作目、東楽観寺前交番赴任して3年目になった巡と幼馴染の住職行成が幼馴染公太遭遇した白い化け物が出るという怪事件を解決、さらに巡が何故捜査一課の刑事から地方に移動させられたかも明かされる、軽くさらっと読める小路さんらしいハッピーエンドの作品。

2018/12/11

ぶんこ

優秀な刑事だった巡が、交番勤務になった経緯があかされます。組織上層部の悪事隠蔽と、監察が巡を調べ始めと、おどろおどろしい展開になるかと思いきや、巡の周囲に居る人々との連携で事なきとなる。魑魅魍魎とした組織にいるよりは、幼馴染も居て結婚を約束した彼女も居る東楽観寺に居続ける方が幸せな気がしました。

2019/01/28

aki

シリーズ2作目。度々目撃情報の寄せられる怪物やUFOの謎を絡めながら宇田川巡査の過去、何故刑事から交番のお巡りさんになったのかが明かされた。小路さんらしい良い人ばかりのほのぼの小説で、特にケイとカツヤは良い奴だ〜(٭°̧̧̧꒳°̧̧̧٭)。でもこれで解決?宇田川巡査のこれからは?まだ続くのかな〜?ちょっと物足りなさを感じたけど面白かった。

2018/12/22

感想・レビューをもっと見る