読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

作りかけの明日

作りかけの明日

作りかけの明日

作家
三崎亜記
出版社
祥伝社
発売日
2018-12-10
ISBN
9784396635596
amazonで購入する

作りかけの明日 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

書店で気になって読みました。三崎 亜記、初読です。SF思念パニック小説ですが、物語に入り込めない内に読了、出来の悪い恩田 陸作品のようでした。著者の代表作『となり町戦争』を読まないとダメなのでしょうか?

2019/02/01

野のこ

未来は予め定まっているのだろうか。運命に向かって羽ばたいた先に明日が刻まれる…。始め、“思念の秘密プラント”とか よく分からなかったけど、そのまま読んでたらだんだんとのめり込んでいきました。現実くささと隔てを超えた世界との境界線が曖昧なのがまたクセに。ここではない場所からハルカカナタへ…。 予兆はフェルメールの楽器を演奏する女性をイメージしました。クロダさんの青い蝶が舞うシーンは特に幻想的で好きでした。泉川さんと瀬川さんは謎めいてて気になる存在で、謎も残りつつ読みごたえたっぷり。続編があったらいいな。

2019/02/12

ぜんこう

本を統べる者、空を飛ぶ本、失われた町や(未読やけど)掃除の競技など、この作品も過去の三崎作品のエッセンスが各所に出てきます。 最後が物悲しく、三崎作品でこんなに涙出たことあったかな・・・ エピローグでのこの文章が僕には印象的でした「真相は、究明されるものではない。設定されるものだ。」

2019/01/24

信兵衛

本作の構造についていくのが精一杯で、楽しむどころではなかった感じ。

2019/01/14

menoruka

もう三崎ワールド炸裂です。あっという間にこの世界に入り込みますが、多くの登場人物に翻弄され読み終えてから理解できていないところがあったかも。こちらで以前の本に続く物語と知りやっと物語の結末がつながりました。

2019/02/23

感想・レビューをもっと見る