読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランチ酒 おかわり日和

ランチ酒 おかわり日和

ランチ酒 おかわり日和

作家
原田ひ香
出版社
祥伝社
発売日
2019-07-11
ISBN
9784396635664
amazonで購入する Kindle版を購入する

ランチ酒 おかわり日和 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

ランチ酒、おかわりしました🍺 原田 ひ香、3作目です。ランチだけでなく、ブレック・ファーストでも呑んでいるので、ブランチ酒かも知れません。オススメは、『表参道 焼き鳥丼』&『池袋・築地 寿司、焼き小籠包、水炊きそば、ミルクセーキ』です。

2019/09/10

ウッディ

事情を抱える人たちに一晩付き添う夜の見守り屋、楽しみは仕事の後のランチとお酒、そんな犬森祥子のシリーズ第二弾。仕事の性質なのか、「仕事が終わったー!」と弾けることもなく、淡々と、それでもしみじみと味わうランチは、どれも美味しそうで、読んでいてお腹が空きました。特に角煮カツ丼は店さえわかれば、出張時に食べてみたい一品でした。一方、仕事柄なのか、主人公の性格によるものか、娘と離れて一人で暮らす境遇故か、物語全体に暗くどんよりとした空気が流れており、第三弾もありそうな結末でしたが、手に取るかどうかは微妙です。

2019/12/26

Yunemo

なんだか中途半端な方向性、読後、まず浮かんだ想い。絶品な味の表現を期待していたのも一つかな。一つ一つのランチにその時々の祥子の立場を代弁させてるような、そんな気配を醸し出させての表現。ちょっと読み違いしてしまうような、勘違いしてしまうような、そんな自身の想いが深まってしまって。見守り屋という職業、その対象者との付き合い、そこから生まれる解決策への関与、この部分に味わいがあり、また祥子自身の心情変化が好ましく。今、自分にできる精一杯のことをすれば、何か見えてくる、これが祥子を支えるベース、同様に想い、共感。

2019/08/25

いつでも母さん

確かに【おかわり】だった。もう、どれもこれも美味しそうです。祥子と一緒に「はーーー」とビールを呑んだ気になりました。それにしても、角谷さんとこれからが気になる。なんでいいところで終わっちゃうの?(笑)これは絶対に続編希望です。美味しいお店に、〈見守り屋〉、娘・明里との関係もまだまだ知りたいのだ。

2019/09/04

seacalf

密かに楽しみにしていたランチ酒の続編。加減が丁度良いから、さくさく読めるこのシリーズ。今回も深夜の『見守り屋』稼業に様々な依頼が舞い込む。前作に登場したあの人達も出てきて、嬉しい。主人公祥子の境遇やそれぞれが抱えている問題は深刻なのに湿っぽくならないのは、何と言っても食べ物の美味しそうなこと、飲みっぷりが良いこと。 その美味しさを噛みしめて前を向いて元気の糧にしてる姿に好感が持てる。幾つかの店は目星がつくので近々足を運んでみよう。祥子と同じように昼からお酒が飲める職業なのでこれからのランチ巡りが楽しみだ。

2019/11/01

感想・レビューをもっと見る