読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿

作家
澤村伊智
出版社
祥伝社
発売日
2020-10-14
ISBN
9784396635978
amazonで購入する Kindle版を購入する

アウターQ 弱小Webマガジンの事件簿 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんたろー

ウェブマガジンのライター・湾沢が、奇怪な現象を取材して謎解きをする7つの連作短篇集。ホラーテイストなミステリで気軽に読めるが、最終話で各編に伏線が張ってあったのが判る仕組みなのは憎い!「もしかして、伊坂さんの雰囲気を狙っている?」と思わせる構成&キャラ設定なのが面白い。地底アイドル・練馬ねりと湾沢の先輩・井出のキャラクターが濃くて好みだが、肝心の主人公に魅力が足りなくて残念。最後のオチがイヤミス風なのは疑問だが、切ない余韻ある『歌うハンバーガー』とオカルトミステリとして上出来な『目覚める死者たち』は好き。

2020/12/05

nobby

うーん、あくまで個人的に澤村さんにアレしてるのは、コレじゃないから少しアレな作品…Webマガジンに載せられるのは、まさに身近なB級記事の掘り起こし。いや、各編で取り上げられる落書きにグルメに時事ネタなどには惹かれるんだけど、作者の器用さ故にホラーとミステリどちらも物足りなく感じてしまったのが残念…もちろん、単なる短篇で終わらない連作ぶりで導き出される復讐は何とも大掛かり執念深くゾッとする…でも、あくまで流れで読む程度で感嘆までは至らず…やっぱりアレみたいにブルブルとアレしながら読める傑作を待ち望むばかり!

2020/11/22

よつば

「笑う露死獣」「歌うハンバーガー」「飛ぶストーカーと叫ぶアイドル」「目覚める死者たち」「見つめるユリエさん」「映える天国屋敷」「涙する地獄屋敷」7話収録の連作短編集。これは文句なしに面白い。軽いミステリーかと思っていると1話で早くもその毒気に当てられる。ウェブマガジン『アウターQ』に舞い込む奇怪な事件を、癖の強いスタッフ達が取材し、記事にして行くのだが、流れはどんどん不穏な方向へ。誰が味方で誰が敵なのか?疑心暗鬼が止まらない。逆転に次ぐ逆転には物の見事に騙された。読後は人の心に潜む闇と悪意にヒンヤリする。

2020/10/27

あっか

澤村伊智さん新作。編集長、担当、カメラマン、主人公のライター湾沢…と個性豊かな面々のWEBマガジンに集まった、数奇な事件の連作短編集。題材がホラーじゃないのかー…と思ったけれど、すごく面白くて一気読み!お気楽な気持ちで読み進めたのにあの伏線がまさか最後あんな風に繋がってあんな終わり方をするとは…実際の悲し過ぎた事件を彷彿とさせる描写もあり、胸が痛くなりました。自らを正義と思うが故の見る聞く伝える、の怖さは今もあちこちに潜んでいると思う。好きなのは「歌うハンバーガー」!新生アウターQの活躍を今後も追いたい。

2021/01/15

☆よいこ

Webマガジン「アウターQ」のライター湾沢陸男(わんざわりくお)が様々な不思議を取材し、記事にしていく物語。短編連作[笑う露死獣(ろしじゅう)]小学生の頃近所の公園の落書き、露死獣の呪文の謎を追う[歌うハンバーガー]摂食障害の女性ライター[飛ぶストーカーと叫ぶアイドル]地底アイドル[目覚める死者たち]陸男が昔遭遇した花火大会歩道橋事故[見つめるユリエさん]絵の中の女性に恋をした[映える天国屋敷]怪しい屋敷に行ってみた[涙する地獄屋敷]アレがアレしてアレなんだよ▽ホラーとミステリーの良いとこ取り。

2020/11/29

感想・レビューをもっと見る