読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゴールデンタイムの消費期限

ゴールデンタイムの消費期限

ゴールデンタイムの消費期限

作家
斜線堂有紀
出版社
祥伝社
発売日
2021-01-07
ISBN
9784396636012
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゴールデンタイムの消費期限 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みっちゃん

身も蓋もない言い方になってしまうが、幼い頃から天才と持て囃されてきたが、今はその才能が枯渇してしまった若者たちと、人口知能をセッションさせるプロジェクト、という設定にそそられる。そしてそれにこんなシビアなタイトルをつける作者のセンスも凄い。人間はもはやAIには敵わないのか。そういう分野もあるだろう。でも私は860億個もあるという「灰色の細胞」にもまだまだ未知の能力があるのでは、と期待している。何よりも人間には「心」という数値では推し量れないものがあるではないか。

2021/10/11

nobby

つくづく平凡であることに安堵する…だからこそ好きなことを好き勝手に楽しみ、時には離れるも再びハマるのも自分次第。「天才」と位置付けられた故に、過度の期待を強いられるのは不憫そのもの…その評価が絶対的であっても感性によるものでも応え続けるのは極めて酷。その才能の枯渇を『ゴールデンタイムの消費期限』と表す残酷なタイトルをよそに、本編はハートフルな青春小説。AIとのセッションいや指導によって天賦の才は復活するのか!?そもそも曰く付きの産物は誰によるものなのか…やっぱり自分は思うまま楽しめる凡人でずっといたいな♬

2022/02/01

モルク

小4で小説家デビューをし、天才と賞賛された高校生綴喜。今は四年間も小説を書けずに苦しんでいたが、国が主導している「レミントン・プロジェクト」に11日間参加することになる。そこに集められたのは綴喜と同じような元天才たち6人。彼らの才能を人工知能を使って再生させるというものだった。共同生活の中から自らを見つめ進むべき道を模索する。天才であるがゆえの苦悩、焦燥感がよく出ていた。それぞれに下した選択は応援したいと思ったし、あたたかい気持ちになった。

2021/08/13

オーウェン

消費した才能を再び蘇らせる国家主導のレミントン・プロジェクト。元天才小説家だった綴喜も招待を受けるが、書いた小説にはいわく付きの過去が。綴喜をはじめ計6人がレミントンによってその才能を伸ばそうとするが、手助けという形なので当然反発が。この作品が提示しているのは、才能を伸ばさなくても別の道があるという点。 誰しも目指した道はあるが、それが実現しない方が大いに決まっている。 だから別の道を選ぶということは逃げではないと声高に叫ぶ。 全員10代なので清々しい青春模様が垣間見えるラストだった。

2021/04/29

kei302

いいわぁ…この話。しみじみ。ラストもとてもよかった。 才能=世間からの評価ではない、決して。外部から隔てられた特別な施設に集められた小説家 料理人 ヴァイオリニスト 映画監督 画家 棋士:6人の(元)天才たち。18歳前後。伸びしろも将来も十分に残っているじゃないか。視野を広く持て。この歳になったから言えることだよね。ラストに何らかの絶望的な状況が起こるのではと心配したが、彼らの成長は健全で、現代的で、個性が出ていて、豊かで、ゴールデンタイムはこれからだ! 続けることが才能につながるのです。

2021/01/27

感想・レビューをもっと見る