読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ヒポクラテスの悔恨

ヒポクラテスの悔恨

ヒポクラテスの悔恨

作家
中山七里
出版社
祥伝社
発売日
2021-05-12
ISBN
9784396636074
amazonで購入する Kindle版を購入する

ヒポクラテスの悔恨 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。「ヒポクラテス」シリーズ第四弾、今回は短編集でした。 全体的にはあっさりした感じですが、オススメは、妊婦&乳児の声を聞く話です。 https://www.shodensha.co.jp/hippocrates/

2021/06/06

いつでも母さん

シリーズ第4弾!連作の5つの事件。光崎がTVで発言した事に宛てた犯罪予告はどれ?犯人は誰?古手川と真琴の関係は今作も遅々として…な感じだが、唯我独尊・光崎教授が今回も「全部、持っていきました」まだまだ光崎教授は健在です。

2021/06/03

しんたろー

シリーズ第4弾は、光崎教授がテレビ出演で「正論毒舌」を吐いた事に端を発した5つの連作短編…光崎への挑戦として「自然死を装った殺人をする」と予告してきた何者かを巡り、古手川と真琴が様々なケースを検証する為に汗を掻き、相変わらずキャシーがイイ味を出しているし、美味しい所は光崎が持っていくのも御愛嬌。渡瀬警部の登場は少ないが古手川を通じて存在感を示している。著者のシリーズの中では厳しい現実問題を交えながらも読み易さは一番だが、印象に残るような深みがないのは短編集ゆえ仕方がないか。法医学を軽く楽しむには丁度良い。

2021/06/15

タイ子

法医学ミステリー第4弾。浦和医大法医学・光崎教授が珍しくTV出演した。そこで放った言葉が大きな反響を呼び、放送局のホームページに殺人予告とも取れる奇妙な書き込みが。そこから始まる本作の声をテーマに5つの連作短編集。埼玉県警の渡瀬を上司に持つ、古手川刑事が大活躍。自然死、病死と思われた遺体を光崎教授が司法解剖、鋭く指摘する殺人の真実。古手川刑事、助教の真琴コンビが主なのだが、メスを握る光崎教授のいぶし銀ぶりはさすが。全ては遺体が語る真実を求めて彼らの矜持がカッコいい。ラストの古手川刑事の言葉に同情です。

2021/05/23

よつば

「老人の声」「異邦人の声」「息子の声」「妊婦の声」「子供の声」5話収録の連作短編集でシリーズ第四弾。冒頭で光崎藤次郎まさかのテレビ出演。それに端を発し翌朝、放送局ホームページに書き込まれたのは自然死に見せかけた殺人の犯行予告。今回も死者に真摯に向き合い声を聴き、死の真相を解明し最後は犯人に迫って行く。光崎教授、助教・真琴、歯に衣着せぬ発言をするキャシー、埼玉県警捜査一課の古手川刑事、其々の登場人物が生き生きと脳内に浮かんで来た。解決までの流れはパターン化されているので新鮮味はないが安定の法医学ミステリー。

2021/06/15

感想・レビューをもっと見る