読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

明日は結婚式

明日は結婚式

明日は結婚式

作家
小路幸也
出版社
祥伝社
発売日
2021-07-13
ISBN
9784396636111
amazonで購入する Kindle版を購入する

明日は結婚式 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

小路 幸也は、「東京バンドワゴン」シリーズ中心に読んでいる作家です。タイトル通り、幸せな結婚式前夜~式当日朝迄の家族の人間模様、連作短編集の佳作でした。著者の作品は良い人比率が高いですが、今回は正真正銘100%良い人です(笑) 主人公が小路 幸也の装幀を行っているのが、サプライズでした。続編、「本日は結婚式」は、執筆されますでしょうか? https://www.coffret-web.jp/asuhakekkonshiki/1/

2021/08/22

いつでも母さん

何処にも悪い人は出て来ない。全編通して小路作家の優しさに溢れている。この2人なら「病める時も健やかなる時も」お互いを支えて行くだろう。この家族ならどんな波も愛情と言う防波堤で慈しみ見守っていくだろう。あの日の事・・私は全てを覚えていないけれど、遠くから祝いに来てくれた親戚に囲まれて、何とも言えない父の一瞬の表情は今も脳裏に焼き付いている。その父はもういない。あの日からずいぶん遠くまで来ちゃったなぁ。香ばしい焼き立てパンの香りに満ちた作品だった。

2021/08/02

ウッディ

パン好きのOLの春香とデザイナーの真平の結婚式前夜、家族で過ごす最後の夜、春香と真平の家族が語る二人の思い出と未来を描いた物語。登場人物すべてが良い人で、二人の結婚を心から祝福しているというおとぎ話のような設定は、ホッコリと読めるものの、幸せの絶頂のようなこの時がいつまでも続くのか不安にも思ってしまった。春香の祖母と真平の祖父が古い知り合いであったり、真平と二人の妹が異母兄弟であったりと、多少のドラマはあるものの、不吉なフレーズを徹底的に避けて綴られた物語は、まるで結婚式のスピーチのように感じた。

2021/12/15

ムーミン

心がほくほくしたまま読み終えました。

2021/09/20

ガチャ

結婚式前日は、どんな気持ちで過ごすのだろう。 誰もが楽しみに待ち侘びていて、こんなにも周りに祝福されているなんて、なんとも羨ましい限り。春香はパン屋さんに嫁ぐけど、旦那様になる真平はパン屋さんでは働いておらず、クリエイターの仕事をしていて、彼の家族がパン屋さんをやっている。パン好きの春香にとっては最高の居場所だ。 中々、お相手の家族と同居となれば、構えてしまうと思うけど、当人も周りの家族も大歓迎。 2人の雰囲気も似ているようで、本当にお似合いらしい。運命なのですね。幸せな一冊でした。

2021/10/25

感想・レビューをもっと見る