読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

うどんの女 (Feelコミックス)

うどんの女 (Feelコミックス)

うどんの女 (Feelコミックス)

作家
えすとえむ
出版社
祥伝社
発売日
2011-09-08
ISBN
9784396765316
amazonで購入する Kindle版を購入する

「うどんの女 (Feelコミックス)」のおすすめレビュー

「とろろうどんってなんかエロい!」 うどんに絡めた妄想から始まったムズキュンな恋の行方は…

『うどんの女』(えすとえむ/祥伝社)

 グルメ漫画には、プロが腕によりをかけた料理が描かれていたり、現実ではお目にかかれないような煌びやかな食材が登場したりすることが多い。しかし、『うどんの女』(えすとえむ/祥伝社)は他のグルメ漫画とは違い、うどんしか出てこない。にもかかわらず、食欲が自然と掻き立てられ、妄想力までもがたくましく高められてしまう不思議な1冊だ。

 本作は年上女と草食系男子の恋愛模様にスポットを当てた、まったく新しいグルメ漫画である。ヒロインである村田チカ(35)は、バツイチで出戻り中。チカは大学の学食内にあるうどんコーナーで働いており、毎日うどんばかりを注文しに来る油絵学科の男子学生・木野(21)に興味を持ち始める。「この人が毎日うどんを注文するのは、もしかして私に気があるからなのでは…?」そう思い始めたチカと同様に木野も、頼んでもいないのに大量のネギや天ぷらをうどんに入れてくれるチカを意識し始めるようになっていくのだ。

 本作のおもしろいところは、うどんに絡めて2人があらぬ妄想をつぎつぎと繰り広げながら、徐々に距離を縮めていくとこ…

2018/11/5

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「うどんの女 (Feelコミックス)」の関連記事

秘密の恋からどんでん返しな恋まで! さくっと読める1巻完結のおすすめ恋愛マンガまとめ

 ときめきは欲しいけれど、忙しくて長編マンガを読む時間がない方は多いはず。そこでおすすめしたいのが、隙間時間でサクっと読める1巻完結の恋愛マンガである。本稿はさまざまなシチュエーションに合わせたおすすめの恋愛マンガを5つご紹介していくので、ぜひ今の心境に近い1冊を手に取ってみてほしい。

このまとめ記事の目次 ・うどんの女(ひと) ・外面が良いにも程がある。 ・ゆれコイ 〜ダメ、だけどスキ〜 ・ハルコイ ・失恋専門

■うどんがエロく見えてしまう歳の差恋

『うどんの女(ひと)』(えすとえむ/祥伝社)

 2012年に、宝島社の「このマンガがすごい!」にランクインした『うどんの女(ひと)』(えすとえむ/祥伝社)は、これまでにない恋愛マンガだ。主人公の村田チカ(35)はバツイチで出戻りし、学食のうどんコーナーで働いている。すると、連日うどんを頼み続ける油絵学科の男子学生・木野(21)のことが気になり始め、「もしかして私のことが好きなのかも…」と思うように。一方、木野のほうも大量のネギをのせてくれたり、頼んでもいないのに天ぷらを入れてくれたりするチカを意識し始め、…

2018/6/23

全文を読む

関連記事をもっと見る

うどんの女 (Feelコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

エンブレムT

先日手にした本の装画で「雰囲気のある絵を描く人」と認識した、えすとえむさん。初読みに選んだこのコミックスも独特で、なんともいえない雰囲気がありました。大学の学食に勤めるバツイチ・出戻り・35歳のヒロインと、学食でうどんばかりを食す油絵科の青年の物語。硬質な印象の絵で淡々と進められる、どこまでも『うどん』を挟んだ2人の関係が面白いです。うどんが美味しそうにもエロくも見えてくるように、笑いにも胸キュンなポイントのどちらにも受け取れるエピソードが多く、読む人によってかなり印象が違ってくるような1冊だと思います。

2012/02/12

美大の学食でうどんを出している35歳の女性と、油絵科の男子学生のラブコメ風物語。毎日のように顔を合わせている間、お互いにいろんなこと思ったり時には妄想したり。読んでいるこちらは両方の想いがわかるからすごく笑えた。徐々に会話が始まって、少しずつ発展していく関係に、田中先生が介入することでさらに面白さが増していた。とにかくわかりやすい心理描写がいい。それに14歳差は個人的に「アリ」だと思うよ。まさかうどんにエロスを感じるようになるとはビックリしたけども。思わず今夜はうどん屋さんで夕食を済ませましたよ(笑)

2013/06/09

lonesome

すごく面白かった!何より村田さんがめっちゃ美人!!こんなふうにお互いが気になりだして意識して進展するなんて理想的です。笑 お互いの妄想の段階が微妙にすれ違ってるのがほほ笑ましいし、それが逆にリアルだと思う。うどん。これはうどん以外では成立しなかった作品世界だ、お見事。

2014/01/31

ヒロ@いつも心に太陽を!

えー!そこで終わり?!なにこのじれったい感じ!!キノってば草食系過ぎない?!今の子ってこんななのかな?!(←やばっ!私まで“おばちゃんぽ”(´□`*)!!)いつも以上に無駄な描きこみがないからキャラの動きだけに集中して読めたけど、本当に背景白いわ(笑)ふたりそれぞれの妄想は面白く(二人とも下着気にしすぎ☆)モノローグで語る気持ちもわからなくないけどほんまじれったすぎるー!ちなみに私はキノよりオミ君みたいな男が好み(だから幸せになれないのか?←)

2011/09/25

ゆきぽよそっくり爺さん・寺

主人公の女性は35歳バツイチ。美術大学の学食のうどんコーナーで働いている。いつもうどんを注文する21歳の男子学生が気になる。そして学生の方も彼女が気になっている。この二人の恋の葛藤が面白い。ある日うどんを頼まずにA定食を頼む学生を見てフラれた気分になる彼女。彼女の仕事着の下のパンツを妄想する学生。うどんの絵を描く学生。「カレーが好きならカレーうどんを食べなさい」と薦める彼女。学生が学んでいる先生が彼女の元旦那と知り狼狽する学生。初めての二人飲みで勝負下着を付ける彼女。うどんが要所で出る佳作だ。

2014/11/14

感想・レビューをもっと見る