読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

バッファロー5人娘 (Feelコミックス)

バッファロー5人娘 (Feelコミックス)

バッファロー5人娘 (Feelコミックス)

作家
安野モヨコ
出版社
祥伝社
発売日
2013-01-08
ISBN
9784396765668
amazonで購入する Kindle版を購入する

バッファロー5人娘 (Feelコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

安野モヨコ版『テルマ&ルイーズ』といった感のある『バッファロー5人娘』。しかし本作に登場する女性の数は5人。映画よりも2倍パワフルだ。とはいえ、共通項もある。それは、女性性を物語の核としていることだ。娼婦として虐げられている女性達が、自分達の強さに目覚め、覚醒していく様が快感。それでいて、追いかけてくる保安官に惚れてしまう展開もあり、強さだけではない、女性の恋に対する本能も描かれていて、まったくもって侮れない。本作は未完だが、しかしそれすら、この漫画の魅力と化している。

2013/03/07

anken99

面白さを知ったときには、すでに休筆状態だった安野モヨコ。そんな彼女の新刊に、飛びつかないわけもない。が、なんと10年以上前の作品の、奇跡の単行本化であった。本作でも、女性をいかにも可愛らしく描くタッチは全開。ストーリーは、西部劇版おいらん、といった感じか。最後が少し物足りない気もしたが、それでも序盤から中盤にかけての読み応え十分。いつか、働きマンの続きを読ませてほしいと痛切に願う。

2014/09/30

aoneko

ひさしぶりに読んでも安野モヨコ作品はやはりどこまでも安野モヨコ作品で、考えるな、感じろ、的な、とりあえずラブを叫べ、的な。話は判らなくとも何かこう身体的に訴えてくるものがあるかというと、そうでもないような。わからなさをたのしめよヘイ的なかんじで。わからなかったとか、言ってはいけない。

2013/02/22

にゃんきち

キースとレイジがいろいろたまらん。安野先生の描く男のコが好きなのです。おもしろいのに未完らしく、残念。

2013/02/17

MM

西部劇の舞台を見ているようで中身の激しい一冊だった。物語が続くになっていて気になるところで終了しているのが残念。☆☆★★★。

2020/05/11

感想・レビューをもっと見る