読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

日本美術史ハンドブック (ハンドブック・シリーズ)

日本美術史ハンドブック (ハンドブック・シリーズ)

日本美術史ハンドブック (ハンドブック・シリーズ)

作家
辻惟雄
泉 武夫
出版社
新書館
発売日
2009-02-01
ISBN
9784403250989
amazonで購入する

日本美術史ハンドブック (ハンドブック・シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

オールカラー。16頁救世観音。18頁金堂壁画。続いて、釈迦三尊像、百済観音像、玉虫厨子、旧山田寺仏頭、鳥毛立女図、阿弥陀如来像、阿弥陀如来坐像、僧形八幡神像、如拙の瓢鯰図、洛中洛外図屏風、風神雷神図屏風、舟橋蒔絵硯箱、見返美人図、紅白梅図屏風、燕子花図屏風、色絵藤花図茶壺、富岳三十六景、高村光雲の老猿、など。通訳案内士1次試験日本歴史に出そうなものや、知らないのもある。

2013/06/05

パンジャビ

確かにタイトルどおり、ハンドブック。字が多くて図版が小さかった。お勉強する用には良さそうだけど、今の自分のニーズとはズレてたので、記録だけしとく。

2017/05/01

カコ

一冊で主だった日本の美術作品・作者が網羅できる。図版がもう少し大きくて量も多いと嬉しいけれど、それをするとページ数的な意味で収拾がつかなくなりそうだし、全集とかで自分で探せばいい話か。コラムや時代ごとの概論が日本美術史初心者にはとても面白くかつ為になった。このためだけでも十分購入に値する本。というか、この手の本一遍読んだだけじゃダメだから、手元に置いて繰り返し読んで復習したい。

2011/09/08

Meroe

まさにハンドブック。いつも手元に。

2011/04/19

感想・レビューをもっと見る