読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ファウスト (挿絵=クラーク)

ファウスト (挿絵=クラーク)

ファウスト (挿絵=クラーク)

作家
ヨハン・ヴォルフガング・ゲーテ
ハリー・クラーク
荒俣宏
出版社
新書館
発売日
2011-09-17
ISBN
9784403270055
amazonで購入する

ファウスト (挿絵=クラーク) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yukiho Akechi

大学時代ぶりにファウスト読破!この本はドイツ語から英語に訳されたものを重訳したもの。英訳者の独断も入っているようで、他と比べるとかなり個性的な訳でした。途中に入る荒俣先生の解説もよいです。あとは私は卒論のテーマにするほど、この物語に出てくるメフィストフェレスを愛しているので、原典に輪をかけてファウストにパシられて困っているメフィストにニヤニヤしっぱなしでした(笑)。しかし、メフィストの神との対話、契約シーンは最高にかっこいい!ハリー・クラークのイラストや装丁が豪華で、大切にしたい蔵書の1冊になりました!

2014/12/30

shou

ハリー・クラーク挿絵。誇張され気持ち悪さを醸し出しながらも魅惑的なイラストで飾られた一冊。訳が読みやすくて驚いた。

2015/01/25

刻猫

これはこれで面白い。名著がここまで、取っつきやすい読み物になるとはね。気に入った、イラストも惹かれるものがあるし、お堅いのと合わせて棚に飾っておきたい。

2012/03/09

にかの

全体的にファウストをかなり崩した読みやすく、親しみやすい仕上がりになってると思います。装幀もとても良かったので本棚の見やすい位置に永久保存しておこうかと思います。

2012/02/04

るき

格調高くなく、とっつきやすい仕上がりに。荒俣さん訳のせいかと思ってたら、テキストの英訳がそうだったのかと解説読んで納得。読みやすかったけど、これを最初に読んだら作品を誤解しそうな気もします。挿絵家は全く知らずに手に取りましたが、見応えあり。高校生には中二病?と言われましたが…。

2011/11/16

感想・レビューをもっと見る