読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

JOKER (ジョーカー) (2) (ウィングス・コミック文庫)

JOKER (ジョーカー) (2) (ウィングス・コミック文庫)

JOKER (ジョーカー) (2) (ウィングス・コミック文庫)

作家
道原かつみ
出版社
新書館
発売日
1998-10-22
ISBN
9784403500176
amazonで購入する

JOKER (ジョーカー) (2) (ウィングス・コミック文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はるかかなた

あとがきの道原さんと麻城さんにふきましたw 特捜司法官について語られる一冊。麻城さんは時に翻弄される恋人たちを描くのがお好きなのかなぁ。ところでコスモス・システム、某とりさんマークですよね?

2016/09/12

きなこチロル

ジョーカーが生まれた月へ。生み親のクレイと悲しいすれ違い。クレイは合成人間のために、悪に手を染めてしまう。海王寺側は“人権のない合成人間”は否定。なるほど、根本的なことは同じだけどやり方が違っていたんだよな…人間のために生まれた合成人間も自分の人生があってもいいよね。『ムーン・ファンタジー』

2016/02/29

感想・レビューをもっと見る