読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ふったらどしゃぶり~When it rains, it pours~完全版 (ディアプラス文庫)

ふったらどしゃぶり~When it rains, it pours~完全版 (ディアプラス文庫)

ふったらどしゃぶり~When it rains, it pours~完全版 (ディアプラス文庫)

作家
一穂ミチ
竹美家らら
出版社
新書館
発売日
2018-09-10
ISBN
9784403524615
amazonで購入する Kindle版を購入する

ふったらどしゃぶり~When it rains, it pours~完全版 (ディアプラス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のこ

旧版既読。雨の音だけでなく本当に匂いすらしそうな情景描写と、男も女もまるでそこに実在するかのごとく、欠点だらけの「生身」を感じさせる人物描写、破綻なく作り込まれた物語の自然な展開、何もかもうまいなぁと感心せずにいられない。そんなうまさがあるから、読んでいて主人公カップル一顕×整に感情移入できるだけでなく、脇のかおりや和章にも心を寄せることができるのだと思う。数ある一穂作品の中でも特に優れた作品のひとつだと今回改めて思った。

2018/10/21

青龍

旧版は既読だけど、手放してしまったため、加えられた部分がわからずに残念。やっぱり、これ、好きです。かおりの言動が理解できない方が多いと思うけど、私は共感できないまでも理解はできてしまいます。ただね、こういう方は、結婚には向かないから、相手にきちんと説明すべきだね。(または、先輩のダンナみたいな男を見つけるか)

2019/03/29

きょん

旧版既読。肉欲があさましいという価値観の社会で生きている人間として、例えパートナーであろうがセックスを誘うのって勇気がいると思うと一顕の彼女の行動はやっぱり残酷だなあと改めて思ってしまった。彼女の先輩のエピソードも何だかとてもおぞましく恐ろしかった。

2018/11/08

えみみ@ヒプマイ沼

秋雨前線接近中の連休にピッタリだと思い読みました。感想書いてる今も、まさにふったらどしゃぶりなお天気模様です(ホント)!!萩原と半井はこんな雨に二人でうたれたんだろうか、と思いを馳せる。。こんな天気は普段ならブルーですが、この本読んだ後だと悪くなく思える~。(でもやまないと動けないのでそのうちやんでほしい)金ダライが手元にあればなー(笑)本編は、ふったらどしゃぶり~からの二人の怒涛のような三連チャンエチに滾った!翌朝ホテルから帰らないくだりが良いなー♡来月発売のメロウレインは短編集かな?楽しみ(^-^)♪

2018/09/17

浅葱

同棲中の一顕とかおり。好きのニュアンスが違う幼馴染同士で暮らす整と和章。メールの誤送信から始まる一顕と整のメールのやりとり。お互いのパートナーとのセックスレスに悩む二人が互いの悩みを打ち明けつつ絆を深めていく。共に暮らすということ。共に暮らすからこそ求めるぬくもりであったりと。好きだからこそ相手に触れたい。満たされたいと思うのはごく自然な感情で。セックスに対しての考え方、欲求の度合い。それは人によって様々。デリケートな問題だからこそちゃんとお互いが納得できるように話し合える関係性がとても大事なんだろう。→

2020/12/02

感想・レビューをもっと見る