読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス)

作家
なるしまゆり
出版社
新書館
発売日
2011-07-23
ISBN
9784403618888
amazonで購入する Kindle版を購入する

少年魔法士 (14) (ウィングス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちるる

(ネタバレ注)まさか続きが出るとは…本屋で目を疑いました!既巻手放したの後悔…^^;そして内容にも撃沈。レヴィ…イブキとカルノの良きパパがぁ…!うぁぁぁ…!でもでも、まだ本当の意味で彼を失ったわけではないと思いたい。カルノとイブキが何とかしてくれないか?人王との対峙にたくさんのものを奪われてゆくふたりの姿が痛ましい。どうなるのか…先は全くよめない。

2011/07/30

サカナ

6年ぶり?やっと出たー!(涙)雑誌でちょこちょこ読んでたけれど、まとまって読むとやっぱり読みごたえありました。さすが なるしまさん。レヴィは切ないけど、何か最後まで(今も?)幸せなんだろうなぁって思えた。続き、本当に楽しみです。エーテル君かわいかった♪

2011/08/01

あさひ

待ってました。これ本誌掲載5,6年前なんだよなぁ当時も本誌で腰抜かして泣いたなぁと思いつつ、新刊なのに懐かしさいっぱいで読みました。ずっと自由も自分もなかったレヴィさんが、結局最後までナギさんを諦め切れなかったというか好きなままでああなったのが、すごく人間くさくて愛おしいです。カルノとイブキとレヴィパパとの家族ごっこ時代が一番幸せだったかもなぁ。なるしま先生の想像力と、それぞれのキャラクターに言わせる台詞が毎回心に響く。きついけどやっぱり面白くてずるい。

2011/07/31

wealth

ぎゃああああレヴィ!!ぎゃああああ…て巻でした。例え本人納得づくでも、肉体失われたら読者は惜しいし悲しいです。ラフィはああなる過程を植物づてに知っちゃったんだろか、カルノはその時の記憶まで辿れてしまうんだろか、と思うと可哀相でなりません。雑誌読んで知ってはいても、何の衝撃緩和にもならんかった。ラフィが幻覚かもって言った気持ち超解る。姫に尋く、事にしたのが勇吹らしかったです。優羽の気持ちはよく解る。 相変わらず皆さん生々しい位人間でした。大好き。

2011/07/26

kwts

レヴィ…えー!!どどどどーなんのっ?!

2011/07/25

感想・レビューをもっと見る