読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

八百夜(1) (ウィングス・コミックス)

八百夜(1) (ウィングス・コミックス)

八百夜(1) (ウィングス・コミックス)

作家
那州雪絵
出版社
新書館
発売日
2018-12-25
ISBN
9784403622748
amazonで購入する Kindle版を購入する

八百夜(1) (ウィングス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

exsoy

不老不死の旅芸人。飄々としている。語る話のどこまでが真実でどこからが虚構なのか。

2020/03/08

しましまこ

王が国中の女を虐殺したと噂される国、死にたがりの幼い新王と不死の旅芸人。主人公は初っ端から頭を撃ち抜かれ… こんな不穏なストーリーをぶっ飛ばす飄々とした主人公が、お伽噺を面白おかしく語り。どこに連れてってもらえるんだろう、次巻が楽しみ。

2018/12/29

きょん

和物っぽいんだけど、語られるおとぎ話は東西問わずで不思議な印象。世界観や各国の事情もよく分からない部分がまだ多いので、これからどうなっていくのか楽しみ。

2019/01/09

ルシュエス

悪夢や周囲に怯える幼王と謎の語り部のお話。 狂王がいた国も色々と問題を抱えていますが、周囲の国も結構キナ臭いですね。 全て丸く収まるとよいですが…。

2020/07/11

へへろ~本舗

不老不死の男シェヘラザードの主人公、古今東西の寓話やお伽話が出てくる。展開は謎ばかり。

2019/01/15

感想・レビューをもっと見る