読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

パーム(41) TASKVI (ウィングス・コミックス)

パーム(41) TASKVI (ウィングス・コミックス)

パーム(41) TASKVI (ウィングス・コミックス)

作家
獸木野生
出版社
新書館
発売日
2019-03-25
ISBN
9784403622816
amazonで購入する Kindle版を購入する

パーム(41) TASKVI (ウィングス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まふぃん

急にSFぽくなっちゃった。

2019/07/27

烏山ちとせ

徐々に徐々にオーガス家の勢力が力を取り戻していく‥。ソアの本来の一面に安堵する。新しい恐怖の存在は21世紀に来ていない。するとジェームズたちがどうにかしてくれたのだろうか?作者の年齢を見て愛でなくの頃、自分の年齢だったのかと思うといろいろ情けない。連載終了までにタスクを見つけなくちゃ。きづかなくちゃ。業界的にほぼ無名の本作がきっといつか、たとえばHIDE死去の時のような熱気をもって顧みられる日が来るって高校生のときから信じてる。あと普段から変装してる人、今更登場でちょっと楽しみな存在感。

2019/04/05

ライム

オレンジって何?何なの~!怖い~!パーム大好きだけど、読むの苦痛になってきた気がするよ。読むの止めないけどね…アンディが自分の気持ちを「邪な想い」と言ってしまうことが悲しい。

2019/03/26

psy

おおー新刊!と買いまして、一気読み。今巻も怒涛の展開・・・あと何冊なんでしょか・・・読むのが辛いんですが、先が気になる・・・皆が幸せになれるとはとても思えないんですけど・・・次巻もとっても楽しみです。

2019/03/23

みずたま

ラストに向けてひたすら進んでる感じだけども、あんまりにもジェームスの守ろうとしているものが大きすぎてつらい。高校生の時にパームシリーズに出会えて本当に良かったなと思うのです。また1年待つのか…。

2019/03/24

感想・レビューをもっと見る