読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ギヴン(1) (ディアプラス・コミックス)

ギヴン(1) (ディアプラス・コミックス)

ギヴン(1) (ディアプラス・コミックス)

作家
キヅナツキ
出版社
新書館
発売日
2014-11-29
ISBN
9784403664496
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ギヴン(1) (ディアプラス・コミックス)」の関連記事

「PV見ただけなのになんで泣いてるんだ…」 青春BLアニメ「ギヴン」のOPテーマ入りPV公開にファン大興奮

 キヅナツキの漫画を原作としたアニメ「ギヴン」のキービジュアルとPVが公開された。メインキャストのボイスやOPテーマなども解禁となり、「鳥肌立ちました!」「ヤバイ。まだPV見ただけなのに、なんで泣いてるんだ…」と話題になっている。

 原作となるのは、『Cheri+』で連載中の青春BL漫画。高校生離れしたギターの腕前を持つ上ノ山立夏は、ある日印象的な歌声を持つ佐藤真冬と出会う。音楽への情熱を失いかけていた立夏だったが、真冬の歌声を聴いたことで退屈な日々が一変。ここから究極の青春バンドストーリーが始まっていく。

 PVはギターを演奏する立夏に、「あの、俺にそれの弾き方を教えてください」と真冬がお願いする場面からスタート。さらに真冬の歌声を聞いた立夏が「なんだ、今のは。まるで…」と絶句した瞬間、センチミリメンタルのOPテーマ「キヅアト」が流れ始める。疾走感溢れる音楽を皮切りに、本編のワンシーンが次々とカットイン。最後は「もっと歌いたい、君のとなりで」というテロップが表示されて、PVは幕を下ろす。

 PVを見た原作ファンは、「PVの時点でこれだけカッコいいな…

2019/6/25

全文を読む

関連記事をもっと見る

ギヴン(1) (ディアプラス・コミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ミキ(←ツイッターと同じにしました)

「ギヴン2」がでたので再読。色んなことが動き出し回り出したばかりの序章という感じ。続きを読んで着地点を見極めなければ何とも・・・な1巻ですが、青春のキラキラを摂取するだけでも充分に魅力的。これにだんだんラブ要素が絡んでくるの?と思うとドキドキです♪真冬が可愛い!!!

2016/02/05

どんぶり

結構話題になってて気になったのですが、手に入らず諦めかけていたところで発見&ゲット。作者さんの楽器に対する愛とか、音楽への愛とかが伝わってきて楽しかったです。やっぱり作者さんが好きでかいているものって、読者にもそれが伝わりますよね。そして何より絵が綺麗。好きです(^^)私は黒髪好きなので、立夏が出るたびはふはふしてました(笑)つっけんどんなくせに面倒見の良い奴なんて…作者様わかっておりますね…!笑 これから皆の関係がどうなっていくのか読めないところで終わっているので続きが気になります。

2015/02/11

ブックマスター

アニメを見つつ原作を。バンドものは初めて読むかも。エフェクターなど楽器具のワードが新鮮で、その点は音楽初心者の真冬くんと同じ目線で読めた。その真冬くんはまだ謎の多い存在。しかし幼なじみで好きだった人の死を背負うのはなかなか…見ていて切ないし重め。彼の事情は今後、立夏くんらと共に追っていこう。絵が丁寧で進むテンポも丁度よくて読みやすい。途中のギャグも笑える。キャラのプロフを見ると四人とも血液型が違って、ちゃんとそれぞれの血液型っぽい性格なのも面白い。脇キャラでは弥生お姉さまが好き。カバー裏は高校の制服など。

2020/07/31

わたよぴ

キャラや世界観が細かく設定されていて1度読んだだけでは把握しきれなかった。伏線もいっぱい張られていてまだまだ謎が多い。不思議ちゃんワンコキャラな真冬くんに重苦しい過去がぎっしり詰まってる模様。この作品は是非ドラマCDにして欲しいなぁ。そしたらもっと世界観に浸れると思う。バンドメンバーの実際の演奏している所とか上ノ山くんがベタ惚れしてた真冬くんの歌声も聴きたい。配役が難しそうだけど(笑)所々に描かれたキャラ紹介&ラフ絵とか最後ページの4コマ、表紙裏までびっしり描かれていてお得感いっぱいな作品だった♡

2014/12/21

チョコミチ

凄い良かったです。絵柄も好きです。まだまだお話はこれからって感じですが、期待大です。重い過去もちらほら見え隠れしてますが、どう乗り越えて今後展開していくのか。は~楽しみです。真冬のぽわっと感可愛いですね。個人的には梶さんがタイプ。短髪、三白眼、筋肉質だなんて素敵すぎるわ♡

2014/12/07

感想・レビューをもっと見る