読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

サクッとわかる ビジネス教養 宗教と世界 (サクッとわかるビジネス教養)

サクッとわかる ビジネス教養 宗教と世界 (サクッとわかるビジネス教養)

サクッとわかる ビジネス教養 宗教と世界 (サクッとわかるビジネス教養)

作家
島田裕巳
出版社
新星出版社
発売日
2021-07-09
ISBN
9784405120150
amazonで購入する

サクッとわかる ビジネス教養 宗教と世界 (サクッとわかるビジネス教養) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ネジとサビ

確かにサックリ。サックリし過ぎてあまり記憶に残らないかも。

2022/04/25

むさみか

島田先生は これからSNSの普及によって どんどん宗教離れが進むって 見解でしたけど どうなのかなぁ 宗教紛争が増えている背景には 人心が離れていってるからなのか しかし 宗教に代わって 人を良き方向に 律するものって なんなんでしょうね

2022/02/25

かいと

日本人であるからか、宗教に馴染みがなかったので読んでみた。5大宗教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、ヒンドゥー教について、起源から現在までどのような道を進んできたか大まかに理解できた。興味深かったところ①おみくじや墓地の販売は非課税、機関誌の発行や不動産事業は減税。②インドにおいて、カースト制の差別は根強く残っており各身分によってつける職業が限られているが、カーストを問わずつける職業にITエンジニアがあげられる③ヒンドゥー教徒は牛や豚を食べず魚介類も食べないのでベジタリアンが多い

2022/05/22

かん

イラストや地図がふんだんに盛り込まれているので読んでてイメージしやすい。ただ複数の宗教について書かれているのでタイトル通りサクッとしすぎて、読む人によっては物足りなさも感じるかもしれない。

2022/06/23

まこ

タイトル通りサクッと宗教を理解するのに良い本。小説や映画でストーリーで読んだ知識を整理したくて手に取りました。後半の現代と結びつけた章が面白かった。 ・プロテスタントが広がった国はいち早く発展した。労働はつらい義務ではなく、利益追求してOK ・ユダヤ人から天才&大富豪が生まれる理由は、神教で唯一利子をとってOK。知の独占NGで学問が開かれていたから。 ・アメリカ大統領選でトランプが負けたのは福音派の支持を失ったから。福音派の高齢化や無宗教に転じる人の増加等で、影響力は衰えていく。 2022-017★★★

2022/03/06

感想・レビューをもっと見る