読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黄>

世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黄>

世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黄>

作家
長倉洋海
出版社
新日本出版社
発売日
2016-09-28
ISBN
9784406060264
amazonで購入する

世界は広く、美しい 地球をつなぐ色<黄> / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

魚京童!

漆黒に浮かび上がる色。

2016/12/19

けんとまん1007

このシリーズの最後の1冊。黄色。読む前のイメージは、温かみの黄。黄金色にも通ずる。夕陽の黄色もイメージできた。目に飛び込んでくる黄色もあれば、穏やかな黄色もある。この色があると、とてもカラフルになる。そんないろんな面も持っている色。バナナ、レモン、ヒマワリ、小学生の雨具・傘、菊・・・・。

2016/11/27

ヒラP@ehon.gohon

写真家長倉さんが、世界の風景から様々な黄色を切り取ってまとめた写真集です。 黄色はしあわせの色であり、希望の色であり、実りの色であるけれど、無地の黄色だけを見ていたら落ち着かなくなりました。 黄色は対局にある黒(闇)があって、初めて成り立つ色なのですね。 そう見ると、長倉さんは黄色のために黒をとても効果的に使用していました。 闇があるから光が眩しいのかも知れませんね。

2016/11/16

遠い日

長倉洋海さんの新しいシリーズ。楽しみです。この世のあらゆる黄色を写し取った写真集。そこには、人々の息づきがあり、営々とした暮らしがあり、穏やかな希望がある。イエメンの路地を駆けていく少女の写真がいちばん好き。

2017/01/20

とよぽん

黄色は、命のぬくもり、希望を感じる優しい色。一面の菜の花がきれいだった。あと、黄金に輝く夕日と渡し船の写真もきれいだった。ところで、「黄色い声」という比喩表現があるけれど、どうなんだろう。

2016/12/17

感想・レビューをもっと見る