読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

世界の家族 家族の世界

世界の家族 家族の世界

世界の家族 家族の世界

作家
椎名誠
出版社
新日本出版社
発売日
2019-01-20
ISBN
9784406063326
amazonで購入する

世界の家族 家族の世界 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ドナルド@灯れ松明の火

椎名さんの、旅した世界で出会った家族に対するエッセイと写真集。非常にまじめに書かれており、家族とは何なのかを考えさせられる好著であった。お薦め

2019/04/15

あび

椎名さんほど世界を見て歩いて、写真を撮って本を書いた人は他にはいないんじゃないかと思う。椎名さんが撮る写真はいつも美しい。そして文章は短ければ短いほどに良い言葉を書かれる。素敵な本でした。

2019/01/22

おかん

遊牧民、カイラス巡礼、サメ狩りの島、狩猟民、北欧などで経済的には豊かではなく、大自然と生きている家族の姿を捉えた写真とエッセイ。食べることが生きることに直結していて、食料を獲ることのみに時間を費やしている、単純な生活だけど家族と精一杯生きているという印象です。限られた食べ物を家族で分け合って食べる姿は、幸福の原点だと思います。幸福度ランキング上位のアイスランドは税金は高いけど、病院と学校は無料って、安心感があると思いました。

2021/11/29

ジュースの素

久しぶりのシーナさんの本。概ね 途上国と言われる国では家族と共に過ごす時間が当たり前に多い。どんな物を食べているかにも関連があって森や近くの川で採れた獲物を夕方にみんなで突っつく方式が 自然に家族を集合させる。今や日本の家族の在り方は世界でも最も疎遠状態なのだろうなぁ。 でももう戻れない・・・。

2019/12/13

りょうけん

<元> シーナ兄ぃの本は,出るたび全部全部読んできた。もう75歳なのだろうに,いまだに"怪しい雑魚釣り隊"などという体力勝負の遊びを,月に一度は遣っていて,その顛末が週刊ポスト誌に月例で載っている。いやはやなんとも恐るべき元気老人なのだ。 あ,また読んだ本とは全然違う内容になっているので,少しだけ本についても書こう。まあ,こういうあくまで文章が主体なのだけれど,写真が沢山載っている本はかなり好きだ。あっ,という間に読めてしまうのだからね。あ,やはり内容は無かったか。ゆるせ,すまぬ。

2019/07/04

感想・レビューをもっと見る