読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

この道をどこまでも行くんだ

この道をどこまでも行くんだ

この道をどこまでも行くんだ

作家
椎名誠
出版社
新日本出版社
発売日
2019-09-05
ISBN
9784406063739
amazonで購入する

この道をどこまでも行くんだ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

東京スポーツに連載されたエッセイをまとめた本。氏の他の本で読んだことも多く書かれてあってあまり新鮮さは感じられなかった。しかし氏ほど世界それも辺境に行ったことのある作家さんはほとんどいないだろうな。アマゾン、チベット、パタゴニア、アフリカ他。本書の最後にポーランドのアウシュヴィッツについて書かれていたのが印象に残った。コロナ禍で氏はどこも行けずうずうずしているのだろうな。図書館本

2021/02/15

Kei

私は、結構ガンガン捨てるタイプだが、旅の資料などは捨てていない。もっと老いたら、ゆっくり見るために。椎名さんが、ランダムに昔の自分の旅写真を見ながら、書いたエッセイ。とりとめもないし、なんてないけれど、穏やかで、懐かしみに溢れている。ありがちな昔はよかった系自慢もなく、淡々。椎名老いたり、よりも、そういう時間帯になったんだなぁ、と、昔からの読者の私も、いたく共鳴いたしました。

2019/09/24

へくとぱすかる

2分冊の後半。読み終わってふりかえってみると、動物がらみの話題が多い。「踊る」「食べる」「捕る」など、今度は話題で章を分けて世界を歩いたあとを回想するのだが、ヘビ・ゾウ・カピバラ・グアナコ……、特に日本にいない動物の話題が貴重だ。人間との闘いもあるけれど、お遊びになってしまうパターンは、ついついほおがゆるむ。グアナコはラクダの仲間だというけれど、かわいいし性格もおとなしい。しかし、そういう動物をねらって、文字通り食い物にする人間のおかげで激減しているというのは、ひどい話だ。野性動物と共存する未来を望む。

2020/11/04

アッキ@道央民

新聞に投稿されたエッセイをまとめた物ですね。なかなかコロナ禍などで自由に世界を行き来するのが難しい時代。ちょっとは旅気分も味わえるかも。ミャンマーとかロシアとか今となったらなかなか難しい。氷点下50°以下にもなる環境とか、想像を絶する。ポ-ランドのアウシュビッツ収容所についての章は何とも言えない。実際に訪ねてみるとどんな気分になるんだか。

2022/04/10

ドナルド@灯れ松明の火

「旅の窓からでっかい空をながめる」の続編。今作は椎名さんの極地・辺境等の旅の各エッセイとその時を思い出させる写真とのセットになっていて、素晴らしい構成になっている。改めて思うのだが、椎名さんの旅はかなり過酷だったんだなぁ。 お薦め

2019/10/09

感想・レビューをもっと見る