読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マルクス 弁証法観の進化を探る: 『資本論』と諸草稿から

マルクス 弁証法観の進化を探る: 『資本論』と諸草稿から

マルクス 弁証法観の進化を探る: 『資本論』と諸草稿から

作家
不破哲三
出版社
新日本出版社
発売日
2020-01-21
ISBN
9784406063975
amazonで購入する

マルクス 弁証法観の進化を探る: 『資本論』と諸草稿から / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

二人娘の父

私の記憶では1995年、エンゲルス没後100年を期して、「エンゲルスと『資本論』」を執筆してから、著者の『資本論』研究に本格的なエンジンがかかったように思う。本書はその集大成ともいえるだろう。御年90歳。その頭脳の明晰さに驚かされる。内容的には重複も多いが、視点は鋭い。斉藤幸平氏の新著に刺激を受けて、再びマルクスとの格闘がしたくなった。

2020/12/18

koh21y

弁証法観の進化のなかで、資本主義の解明が大転換する醍醐味。歴史の中でマルクスを読む意味がなんとなく分かる。

2020/02/08

感想・レビューをもっと見る