読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

優しい悪魔

優しい悪魔

優しい悪魔

作家
垣谷美雨
出版社
実業之日本社
発売日
2008-06-20
ISBN
9784408535319
amazonで購入する

優しい悪魔 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

文庫の方にはタイトルになっている禁煙小説。タバコを吸っている人はこの本読んで禁煙に挑戦する?

2016/02/23

風眠

「タバコを吸うと癌になる」「苦しんで死にたいか」「老後の楽しみは全部消える(一例として旅行)」などなど、どうやってもタバコがやめられないヘビースモーカーの佐和子が禁煙外来の医者から手渡されたマグネットシートには、恐ろしげな文言が並ぶ。常に喫煙ができるかどうかが優先だから、行動範囲だって狭くなる。「タバコに支配されてる生活」って、なるほどなぁ・・・。私の友達は、妊娠がわかって吸えなくなったと言っていたし、彼がタバコ嫌いだからってゆうのもあったな。佐和子の禁煙までのドタバタ四苦八苦を、コミカルに描いた奮闘記。

2018/05/15

Yunemo

喫煙者の気持ちの揺れ動きが、リアルに細部にわたって表現されてます。喫煙のための場所確保に、こんなに行動が制限されてしまうなんて。確かに女性で相応の年齢ならばこそ。ゼイ肉落としも人生片づけも同じ道筋なのかな、なんて想いに。本作品2008年、この時期でもこれだけの喫煙者のプレッシャー、今の2017年ではさらに厳しくなってます。健康問題は第一義ながら、喫煙者の世の中における弱者的問題の方に重きを置いて描かれてます。禁煙目的はそれぞれ、でも1番に禁断症状の克服により「自分に自信をつけるため」、何だか身に沁みます。

2017/03/23

うどん

禁煙の話でこんなに面白いとは!私は吸わないので吸いたいっていう気持ちは分かりませんが佐和子の大変さがすごく伝わってきました。

2018/03/25

パフちゃん@かのん変更

私は煙草を吸わないから知らなかったけれど、ヘビースモーカーが禁煙するのはこんなにも大変だとは。それに、禁煙が当たり前の社会で肩身が狭く相当な苦労をして煙草を吸っているというのも涙ぐましい努力だったのですね。ニコチン中毒の恐ろしさ。作者は喫煙されるのかどうか知りませんが、喫煙者の心理をよく分かっていらっしゃるようですね。しかし、三浦先生の話はみえみえだったし、アサ子さんの話もそんな事ではないかと思っていましたよ。

2014/04/18

感想・レビューをもっと見る