読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

緑の庭で寝ころんで

緑の庭で寝ころんで

緑の庭で寝ころんで

作家
宮下奈都
出版社
実業之日本社
発売日
2017-12-08
ISBN
9784408537177
amazonで購入する

緑の庭で寝ころんで / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

宮下奈都は、新作中心に読んでいる作家です。エッセイは初読です。著者の人となりが感じられる優しい文章、『羊と鋼の森』に匹敵するような次回作にも期待しています。首都圏へのアクセスが一番厳しい(北海道よりも沖縄よりも)福井県で作家生活を送っているのも尊敬出来ます。

2018/01/17

いつでも母さん

寝る前に少しずつ読んだ。宮下さんの4年間のエッセイ。羊の毛の様に暖かく大自然の様な大らかさ、大地に根を張る逞しさ。家族や関係各位とのやり取りも宮下さんの人柄なのだろうな。自然体でしなやかだ。想像の翼を広げることが小説家だろうが、宮下さんは一人の人としても万人から愛される人なのだろうと・・そんなことを思った。『羊と鋼の森』を読んだ聴覚を失った方からの『美しい音楽が聞こえてくるようでした』の手紙は宮下さんの心を幸せにした事だろう。これからも宮下さんの育む緑の庭の様子を読んでみたい。

2018/02/21

風眠

人間は忘れてしまう生き物だ。幸せな思い出も、辛い出来事も、忘れてしまう。こんな事があったと覚えていても、その時に交わした言葉など、思い出の細かなところは忘れてしまっている。悲しみも幸せも確かにあったその時を、思い出させてくれるもの。それは写真であったり、映像であったり、景色だったり、五感だったり。このエッセイもそう。私の思い出を連れてきてくれる。あの時、こんな話をしたな、とか、こんな風に笑って、泣いた日々もあったな、なんて。これは幸せを思い出すエッセイ。私も緑の庭で寝ころんで、遠い記憶の風に手をふろう。

2018/01/02

fwhd8325

「羊と鋼の森」が本屋大賞、キノベスと続けて受賞したときのエピソードが楽しかった。誕生する伏線やきっかけ、読者からの感想を喜んでいる様子。どれも楽しく、うれしい。そして、家族。お子様たち、特に娘さんのユニークさは、ご家族の中でもとびきりのスパイスのようです。

2018/10/09

ウッディ

昔から思っていたことがある。主人公の気持ちに最も近いのは次のどれでしょう?作者の意図を30字以内で述べよなどの国語の文章題への疑問。正解は本当に正解なのか?宮下さんの小説やエッセイは入試問題に出るそうだ。けど、宮下さんも正解にならないこともあるとの事。少し笑ってしまった。この本は宮下奈都さんの子供についてのエッセイ。大らかさと温かさと優しさに溢れた内容で、ホッとさせられるものの、「神様たちの遊ぶ庭」に比べて、笑いは少なめで、トムラウシでの生活など、何度も同じ話が出てきて、あまり集中できなかったのが残念。

2018/10/10

感想・レビューをもっと見る