読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

5時過ぎランチ

5時過ぎランチ

5時過ぎランチ

作家
羽田圭介
出版社
実業之日本社
発売日
2018-04-20
ISBN
9784408537214
amazonで購入する Kindle版を購入する

5時過ぎランチ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

羽田圭介は、新作中心に読んでいる作家です。著者の新境地の新作かと思いきや、芥川賞受賞前(約5年前)に書いたミステリ短編集でした。最初の『グリーンゾーン』以外は、あまり面白くなくオチもなく、こんな作品を出版していると売れない芥川賞作家まっしぐらです。

2018/05/10

ケンイチミズバ

マンホールなどで作業中に倒れた人をあわてて助け出そうとしてはいけない。CO中毒で自分も死んじゃうから。殺し屋はウォークインクロゼットから一酸化炭素のボンベを開く。が、思いとどまる。思いとどまらねばこのストーリーは展開しない。立て続けのミッションで殺し屋には心と体の休養が必要だ。いやブラック労働に耐えるヤンキーの彼女にこそ働き方改革は絶対必要だ。洗車中に見つけたボディーの赤黒い液体、通報すべきか、いや忙しすぎる。トランク開けたら殺しちゃうよーと言われたし、昼休憩が夕方までとれない毎日だから仕方ないな。

2018/04/23

タカユキ

ガソリンスタンドのバイトをする20才の女の子、小麦粉アレルギーの殺し屋家業の男、スクープを追いかける週刊誌の女性記者。三つのお仕事短編集。そして何気なく連作短編集になっている。3人の共通点は、あまりにも忙しくてランチを食べるのが5時過ぎということがしばしばということ。自分も時間通りにはランチを食べれないし、辞めないと思う時もあるけれど、「仕事というものは素晴らしい。どんな遊びより真剣になれるのだから」と思えるようになりたいと感じました。それにしてもアレルギーは怖い!(>_<)

2019/02/04

優希

面白かったです。女性が主人公だったり、殺し屋が出てきたり、変わった人が出てきたりと豊かな表情を見せますね。羽田さんが女性を主人公にした作品を書くのが珍しいと思いました。この方は色々な引き出しを持っていそうな気がします。ブラックながらも明るさがあるのを感じました。ダークな作品も良いですが、反則的な色を見せる今回のような作品も良いですね。

2018/05/05

chimako

お昼ご飯を食べ損ねるような仕事をしている3人を扱った連作。整備士、殺し屋、記者。整備士と記者は女性。全く関わりが無さそうに見えて、「こんなところで」のリンクがある。それぞれの短編を書くにあたってかなりの調査や資料の読み込みが有ったのだろうと推察される。読み物としては2番目の「内なる殺人者」が好み。小麦アレルギーの主人公と彼の回りのアレルギーに悩まされる人たち(本人や家族)の命にかかわる優しさがある。決して面白い話ではないのに読んでしまうのは何故かなぁ。

2018/12/13

感想・レビューをもっと見る