読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

永田町 小町バトル

永田町 小町バトル

永田町 小町バトル

作家
西條奈加
出版社
実業之日本社
発売日
2019-01-31
ISBN
9784408537375
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

保育園落ちて、仕事を辞めた。生活も育児も八方塞がり……こんなニッポンじゃ、子供が産めない! 野党・民衛党から出馬し、初当選した芹沢小町は、「現役キャバクラ嬢」にしてシングルマザー。夜の銀座で働く親専門の託児施設を立ち上げた行動力と、物怖じしないキャラクターがメディアで話題となり、働く母親たちから熱い支持を集めたのだ。待機児童、保活、賃金格差、貧困……課題山積みの“子育て後進国”ニッポンに、男社会・永田町に、小町のパワーは風穴を開けられるのか!? 吉川英治文学新人賞作家が挑む、新たな地平。すべての“親“たち必読の政治エンタメ! 「法律を変えて、予算を勝ち取るーーそれができるのは、国会議員だけなのよ」

永田町 小町バトル / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

帯の文字に確かにそんな方もいるだろうなと。これは国会議員の1、2回生に読ませたい。いや、全ての議員にもだ。無理、現実味に欠けると言う政党の皆さん、この国は50年後にありますか?他国に売り渡していたりして・・それも仕方ない時代が来るのかもね。資本主義の行きついた先が今のこの国なのだろう。自由なのだから!全てが二極化されてそのツケはこれからの子供に背負わせるのか?国会内のあれこれ政党政治・・国会中継すら言葉尻を突き野次のるつぼ(それすら演出?)もっと分かり易くにならないの?良い法案には与野党関係はないはずだ。

2019/02/28

ナイスネイチャ

図書館本。元キャバ嬢が国会議員になり、子育て支援、特にシングルマザーに対しての法案化を目指すお話。実際現実に起こっている問題を著者が提議した感じでした。現実には今の議員には望めないと感じたのも事実。

2019/03/08

ひなげしの花🍬🍭

離婚して夫の元に残した娘を引き取り福岡から東京へ。キャバ嬢として働きながら子育ての中での経験を買われ野党から立候補し見事に当選し国会議員となった小町。与党の二世議員との激しいバトルは終盤になってから。貧困家庭が抱える子育ての現状、現在の子育てに関する法整備の実情などが細かく書かれてあった。これから子どもを設ける、現在子育て中の若い人たちに現状を伝えまた啓蒙的な小説だと思った。「こんなニッポンじゃ子どもは産めない」政策論争は真剣でドタバタという感じではなかった。

2019/02/26

四つ葉🌸

主人公は現役キャバクラ嬢でシングルマザーの新人代議士・芹沢小町。待機児童、保活、賃金格差、貧困などの問題に自ら直面した事で、なんとかせねばと考え男社会である・永田町に挑んで行く。コメディータッチで軽快に読める部分もあるのだが様々な問題についての説明的な文章が多過ぎる為、途中からしんどくなって来る。日本が抱えている問題、政治、国会などについての知識は深める事が出来るが、そちらの比重が多い事で小説としての面白味に欠けたのは残念。もう一人の主役である小野塚遼子の出番も少なく途中でオチも読めてしまい物足りなかった

2019/02/15

pohcho

現役キャバ嬢でシングルマザーの小町と政治一家に生まれた遼子。好対照な新人女性議員二人のバトルの話かと思ったら、待機児童や保活、子供の貧困、保育士の待遇の悪さなど、今の日本が抱える問題がこれでもかと詰め込まれていた。ずっと子育てについて書かれていたけど、最後の最後に小町が「少子化対策そのものには反感を覚える」と言っていたのもよかった。楽しい話かと思ったらとても真面目で、長いので少し疲れるが、国のありかたについて深く考えさせられた。

2019/03/13

感想・レビューをもっと見る