読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

罪と祈り

罪と祈り

罪と祈り

作家
貫井徳郎
出版社
実業之日本社
発売日
2019-09-05
ISBN
9784408537412
amazonで購入する Kindle版を購入する

罪と祈り / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ウッディ

元警察官であった辰司の死の真相を追う息子の亮輔と辰司に息子同然に育てられた賢剛は、今回の事件が30年前の賢剛の父智士の自殺に関係していることがわかってくる。下町に暮らす人々の価値観を変えたバブル期に起こった未解決の誘拐事件、この事件が起こった理由と犯人たちが背負った苦悩を描いた物語。犯した罪を背負って死んだ智士とそれを抱えて生きなければならなかった辰司、二人の子供たちが追う過去の真相という構成は読み応えがありましたが、過去の謎が解き明かされてからが冗長で、辰司の事件の真相があっけなかった印象でした。

2020/10/02

Yunemo

重苦しく、切なく、悲しく、そして救いようもない。一体何を語っているのかな。昭和の時代を暗く反映させてます。今想えば、確かに存在したあの時代。辿ってみれば、バブル期の暗と明、明にばかりが焦点があてられた過去、暗の観点から始まる悲惨な物語。2組の父と子、互いの存在が妙に心に引っ掛かって。背景にある犯罪が、あまりにも大胆で稚拙で、それでいて成功してしまう様には、本作のベースではありながら、ちょっと違和感。推理から辿り着く顛末にも同様な。時を経て真実に辿り着くまでの、それぞれの立場での4人の葛藤は息苦しいばかり。

2020/01/05

のりオバ

Amazonで出版日に予約購入📚 貫井先生の作品は、症候群時代から好きで、読みやすくて大体は読んでいるつもり・・・。で慣れているのではありますが、今回は暗く・・・重く・・・ツラく・・・登場人物ひとりひとりの気持ち、又は発言が読者にガッツリ伝わってきました。読み終わるまで旦那には、「おや今度は、随分苦しそうな顔で読んでるね」と見透かされてしまいました笑 久々の貫井先生の本、楽しかったです😺

2019/09/12

R

エピローグを読みたい、読み終えて最初に抱いた感想でした。丁寧に、着実に、事件の真相に近づいていく内容は、決して派手ではなく、ミステリサスペンスなんだけども、じっくりとした物語を堪能できました。過去と現在の物語が交互に進んで、その真相が理解できたように思うのだけども、事実の積み上げと、イベントの消化みたいな印象が強くて、それだからこそ、ラストシーンのあと、約束されたときをとても見たいと思わされました。完結しているにも関わらず、その先を見たいとこんなに強く思った小説は初めてでした。

2020/03/09

のぶ

重苦しく暗い空気が漂っていたが、実に読ませる話だった。元警察官の濱仲辰司が、死体で見つかった。当初は事故と思われたが、側頭部に殴られた痕がみつかった。真面目で評判の良かった辰司がなぜ殺されたのか?息子の亮輔と幼馴染みで、刑事の賢剛は真相を探る事になる。かつて賢剛の父、智士は自殺していた。それとこの事件は関係があるのか?物語は現在とバブル期の時代を行き来する。その時代に起きた誘拐事件が描かれるが、徐々に関連が明らかになってくる。何ともやるせないが、作品としては大変に良く出来たものだった。

2019/09/28

感想・レビューをもっと見る