読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

クスノキの番人

クスノキの番人

クスノキの番人

作家
東野圭吾
出版社
実業之日本社
発売日
2020-03-17
ISBN
9784408537566
amazonで購入する

「クスノキの番人」のおすすめレビュー

『秘密』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に続く東野圭吾の感動作!「願いが叶う」クスノキの番人を命じられた青年の成長物語

『クスノキの番人』(東野圭吾/実業之日本社)

 不安なニュースばかりの毎日に、心が荒んでいくような気がする。人の心は思いの外、簡単に弱ってしまうものなのかもしれない。だが、憂鬱な気分のまま手にしたこの本は、私の心を確かに癒してくれた。その本とは、『クスノキの番人』(実業之日本社)。作家生活35周年を迎えた東野圭吾の最新作だ。

「人殺しの話ばかり聞いていると、時折ふと、人を生かす話を書きたくなるのです」。この作品について東野圭吾はこんなコメントを寄せているが、その言葉の通り、この本は、人を生かし、私たちに生きる希望を与えてくれる物語。『秘密』『時生』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に続く、東野圭吾の代表作となるに違いない作品なのだ。

 主人公は、直井玲斗。不当な理由で職場を解雇され、その腹いせに罪を犯した彼は、留置所で、起訴を待つ身だった。だが、玲斗は、突然現れた弁護士によって釈放される。弁護士の依頼人は、柳澤千舟。見たことのない年配の女性だが、玲斗の伯母なのだという。「あなたにしてもらいたいこと---それはクスノキの番人です」。柳澤家の敷地内にある月郷神社にある…

2020/4/17

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

クスノキの番人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

新型コロナウィルス対策購入シリーズ第七弾、東野 圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者作家生活35周年記念作品は、クスノキ・スピリチュアル・ファンタジー・ミステリの青春・成長譚の感動作でした。 https://www.j-n.co.jp/kusunokinobannin/

2020/04/18

パトラッシュ

ほとんどイヤミスに近かった初期作品とは別人のような変わりようのファンタジー。人の想いを伝える神秘的な力を持つ樹木というテーマは、少年アーティストのモザイクが中心となる飯田譲治・梓河人『アナン、』を連想した。誰もが癒される奇蹟が起きるクスノキの謎は一切解明されないが、リアルを拒む世界を読者は堪能し自分も癒される幸福な数時間を味われるのだ。復元された喜久夫の曲が周囲に与える影響をテーマにしても作品がひとつ書けそうだ。それにしても最近の東野作品には、不倫や托卵の子がしばしばメーンキャラとして登場するのはなぜか。

2020/07/01

ウッディ

訳あって神社にあるクスノキの管理人を任せられることにになった青年・玲人、新月と満月の夜に祈念しにくる人達は、どんな想いを持ってクスノキを訪れるのか?叔母の千舟と出会い、叱られながらも、家庭にも仕事にも恵まれなかった玲人が成長する姿が微笑ましく、美優とともに彼女の父の秘密とクスノキの力の真相を求めて、あっという間に読み終えてしまう東野マジックにやられました。大切な人に想いを伝えること、大切な人の想いを受け取ることの幸せを感じさせるハートウォーミングな一冊でした。面白かったです。

2021/01/10

うっちー

またまた、新たな『東野ワールド』ができました!

2020/03/20

Yunemo

何だか焦らされて中盤まで。玲斗に何をさせるの、どう展開していくの、千舟って何者。クスノキの持つ力、祈れば願いが叶うという伝え、こんな感覚で読み始め。でもいろんな要素が含まれてるはずなのに、佐治氏の場合がメインになっての展開で。伏線で、柳澤家の存続、血縁、認知症があり、単純な展開の筈なのに妙に複雑化させての戸惑いもあり。クスノキへの祈念、念を預かってもらう預念、念を受け取る受念、神秘的にいろいろ考えられてます。言葉で表せられない想いをどうして分かってもらえるの。正にこの部分をフォーカスした東野ファンタジー。

2020/03/21

感想・レビューをもっと見る