読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

嗤う淑女 二人

嗤う淑女 二人

嗤う淑女 二人

作家
中山七里
出版社
実業之日本社
発売日
2021-09-06
ISBN
9784408537948
amazonで購入する Kindle版を購入する

嗤う淑女 二人 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

中山 七里は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。嗤う淑女シリーズ第三弾、今回は最恐悪女二人の最凶タッグ、シリーズ最多殺戮数でした。最期が呆気ない幕切れなのはどうかと思いますが、楽しめました。まだまだシリーズは続きそうです。 https://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-53794-8

2021/09/18

ゆみねこ

中山七里さんが生んだ希代の悪女二人。大量毒殺・大型バス爆破・中学校校舎放火殺人とフィットネスジム爆破で犠牲者49人。実行犯と悪女を操るもう一人の悪女。相次ぐテロ行為に翻弄される捜査陣。中途半端なラストなので続編を読まないとモヤモヤが収まらない…!まさに最凶タッグ。

2021/09/19

よつば

スリリング。稀代の悪女、蒲生美智留と有働さゆりが手を組んだ。一人でも十分だがタッグを組む事で恐ろしさは何倍にも膨れ上がる。高級ホテル宴会場での毒殺から始まり大型バス爆破、中学校舎放火殺人、フィットネスクラブ爆破と、もはや彼女達の事をテロリストと呼んでも過言ではない。周到に練られた計画により手のひらで転がされる人々、翻弄される警察、嗤う最恐淑女には誰も太刀打ち出来ない。この過激さ、これがフィクションで良かったと心底思う。終盤の対決は見もの。頁を捲る手に力が入り緊張感はピーク。最恐で最凶、そして最高に面白い。

2021/09/19

TAKA

このシリーズにまさかあの人が絡んでくるなんて。中山作品最悪の女性2人が登場するのだから面白くないわけがない。最後の攻防にドキドキしながら読了。相変わらず警察に影さえ踏ませない蒲生美智留。相変わらず人の心をもてあそぶ美智留。何と恐ろしや。続きは何時かな?

2021/09/08

fuku3

2021.9.19読了。蒲生美智留シリーズ第三弾。久しぶり振りにこのシリーズを読めると楽しみに頁を開いたが!何やら今までと違いやたらと無差別に人が死にすぎ!同窓会の毒殺!大型バスツアーの高速事件!中学校放火事件!フットネスジム爆破事件!新幹線爆破は未遂!実に49名が死んでいる幾らフィクションと云え無関係な人間がこれだけ亡くなると読んでいるこちら側もあまり気持ちのいいものでは無い!嫌悪感が湧き起こる!前回までは美智留なりの信念や正義みたいなものがあった様な気がしたが⁉︎今回は正に無差別が過ぎる感じがした‼︎

2021/09/19

感想・レビューをもっと見る