読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

チーム (実業之日本社文庫)

チーム (実業之日本社文庫)

チーム (実業之日本社文庫)

作家
堂場瞬一
出版社
実業之日本社
発売日
2010-12-04
ISBN
9784408550237
amazonで購入する Kindle版を購入する

チーム (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

趣味が昂じて読んでみた。正直、私は一度も駅伝を見た事がない。二日間にまたがって開催される事も知らず、一日で終わるものだと思っていた。それくらい無知なのでいちいちウィキペディアで検索しながら読み進めたが、途中から検索ももどかしく一気読み。朝倉や門脇といった脇を固める面子がまたいい感じで、何を考えているのかイマイチ良く掴めない山城の孤高っぷりが際立つ。勢いに乗って読了後に15キロ走ってみたが、2時間近くかかりました…。山城さん、1キロ2分半とかで走ってましたよね…。さっそく『ヒート』に進む。

2017/11/06

starbro

新型コロナウィルス対策購入シリーズ第二弾、堂場 瞬一は、新作中心に読んでいる作家です。新作の『チームⅢ』を読む前に未読のⅠを読みました。箱根駅伝はここ数年毎年観ていますが、学連選抜は、ほとんど気にかけていませんでした。本書はかなりリアリティがあり、ベタな内容ではありますが、非常に熱い感涙作です。堂場 瞬一のMyBESTかも知れません。続いてⅡへ。トータルの感想は、全三巻読了後に。

2020/04/14

しんごろ

箱根駅伝の学連選抜チームの話!ここ数年、仕事で箱根駅伝が見てないけど、『チーム』を読んで、お酒を飲み、おせち料理を食べながら、テレビで箱根駅伝を見る自分の姿をイメージしてしまいました(^^;)レースの臨場感がスゴいし、選手に感情移入もできるくらい面白かったです(^^)同時にチームとは何かと問う、ちょっとしたビジネス書みたいな作品でもあるのかなと思います!BGMにはTOKIO『ACTⅡ』がいいかな(^^;)

2016/07/25

yoshida

【堂場瞬一祭り】箱根駅伝の学連選抜チームを主人公に、チームの意義、周囲の期待に応えること、選手としての矜持、多様な要素が絡み合い、ぐいぐい読ませる感動作。不安な船出の学連選抜が箱根駅伝の2日間で真のチームになる。10人の選手が襷を繋ぐ。それはチームを取巻く全員の気持ちを繋ぐこと。特に第二部からの疾走感は素晴らしい。天候やコース、少しの出来事が怪我や不調に繋がり本来の走りが出来なくなる。選手は必死に乗り越える。なぜならチームだから。まさに駅伝は人生に似ている。外部環境や好不調もある。それでも人生は続くのだ。

2015/12/03

hiro

「風が強く吹いている」を読んだ後、書店で見つけて読むことにした。両方の違い、似ているところが気にしながら読んだ。一番の違いは、風はメンバー10人全員を丁寧に書いているが、チームは4人しか書いていないところだ。一方似ているところは、9区に絶対エースを、10区に怪我を抱えているキャプテンを起用して、10区でのゴールできるか棄権かというクライマックスのところだ。小説としては、ほとんど未経験者の集団が箱根駅伝にでるという「風が」の方が面白いと思ったが、「チーム」も選手の駅伝にかける気持ちが伝わったいい作品だった。

2011/08/11

感想・レビューをもっと見る