読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅 (実業之日本社文庫)

荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅 (実業之日本社文庫)

荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅 (実業之日本社文庫)

作家
高橋克彦
荒俣宏
出版社
実業之日本社
発売日
2012-10-05
ISBN
9784408550930
amazonで購入する

荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅 (実業之日本社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gonta19

2012/10/5 Amazonより届く。2016/3/10〜3/13知の巨人、荒俣宏さんと高橋克彦さんが二人で岩手県内の名所旧跡を訪ねて、古に想いを寄せる。このお二人は噛み合わせが良いなぁ。岩手は昔一度中尊寺には行ったが、黒石寺などは知識不足で訪れなかった。是非もう一度周りたい。

2016/03/13

かっぱ

博覧強記・荒俣宏氏、岩手県出身の作家・高橋克彦氏による岩手不思議旅。三ツ石神社に残る鬼の手形。これが岩手の地名の由来とされる伝承のひとつ。埋もれたリアル「幽霊画」の名作を発見、現世的な富を描いた「供養絵額」のおもしろさ、そして「密銭(偽金)」作り。柳田国男の「遠野物語」にはない隠された民俗学の数々。金色堂の下の藤原清衡、基衡、秀衡、泰衡(のみ首級)のミイラ。ミイラが残っていると死因が分かる。それぞれ脳溢血、骨髄性脊椎炎ないし脊椎カリエス、脳腫瘍か脳溢血(泰衡は斬首)。岩手には千以上の民俗芸能があるそう。

2018/07/08

ひかつば@呑ん読会堪能中

帝都物語作者の荒俣宏と浮世絵研究者にして伝奇・ミステリ作家の高橋克彦が岩手の歴史と不思議を訪ねその魅力を伝えてくれる一冊。大昔から負け続けたことで残されていない岩手・東北の歴史を現存する遺物、伝承から探っていく2人旅なのだが、そこは博物学者と岩手在住の乱歩賞作家だけあって、数回の対談の中には、なるほど、と思わせるが話がいくつも散りばめられている。2010年初出の文庫化だが、震災前にこの企画が実現していてよかったな。欲をいえば文中の写真はカラーで見たかった。

2012/10/09

tsubomi

2016.06.06-06.11:岩手出身の高橋克彦氏とやたらといろんな方面に詳しい博物学者の荒俣宏氏の二人旅ということで、ほぼ予想どおりの展開に面白かったです。岩手の王道的観光地+歴史上興味深い史跡+民俗学的に意味深いところを訪ねる旅で、北東北の歴史と文化について再認識させられました。特にまだ行ったことのない厨川柵などはいつか行ってみたいなあ、と思いました。私は科学的根拠のない話は信用しない質なのですが、東北にはある種の怨念とか血の記憶が古いものから新しいものまで刻まれている気がしてくるのは不思議です。

2016/06/11

Primavera

まさに「こんな東北、知らなかった!」 九戸以外は何度も訪れている場所なのに、違う場所の話を聞いているかのようだった。 現存する資料では、常に中央から蔑まれ不当な扱いを受けてきた東北のことを実は生まれ育った私たちがあまり理解していなかったことに気付かされ、 心のどこかで、「東北は遅れている」と思い込んでいたのではないかと反省もさせられた。 このお2人をしてもわからないことがいっぱいの東北、岩手。少し奇妙でもある不思議な空間を楽しみながら近いうちに訪れてみたい。もちろん、ガイドブックはこの本で。

2013/06/18

感想・レビューをもっと見る